アイドルのイメージビデオで競泳水着が使われる理由について考えてみた

アイドルのイメージビデオで競泳水着が使われる理由について考えてみた

有名なアイドルからソフマップの市松模様を背景にDVDや撮影会を宣伝するような地下アイドルまで、様々なアイドルのイメージビデオが制作されて例えばラムタラさんだったりとか、WEBではDMMグループを中心に販売されています。

そんなアイドルのイメージビデオですが、イメージビデオの全てではないにしても、頻繁に競泳水着を着用したシーンを見かけることがあります。

競泳水着そのものに特化していない限りは、全体の衣装の中で1着は着用していますが、なぜ競泳水着が選ばれ続けるのか。その謎について考察してみました。

一般的なワンピース水着にない魅力がある

一般的なワンピース水着にない魅力がある
▲競泳水着と一般的なワンピース水着の違いはどこにあるのか考えてみよう。

競泳水着には様々な魅力があることを当サイトでも数多く触れてまいりました。

競泳競技、スポーツの世界で使用されることを目的とした水着ではありますが、身体を締め付けることで生まれるピッタリとしたラインはフェティッシュ要素がふんだんに盛り込まれています。ハイレグカットの女性的な象徴もその一つでしょう。

このようにエロス的な視点で見ることもできる競泳水着ですが、それでは一般的なワンピース水着でもいいのではないか、と思うこともあります。

ワンピース水着は着用者の魅力を半減させてしまう

女性的な視点で見ればなかなか理解されにくい点ですが、海水浴場やレジャープールで着用するようなワンピース水着は着用者の魅力そのものを半減させてしまう可能性があります。

もちろん女性から見ても、男性から見てもかわいい水着が数多く存在するのは事実です。

しかし視聴者がイメージビデオに求める「かわいい」と水遊びを楽しむときに着用する水着の「かわいい」はイコールではありません。

レジャー用のワンピース水着は、形状もそうですが、様々な装飾、あるいは柄が入っていたりデザインは様々です。つまりレジャー用の水着が持つ役割は、街に出かけるときの服と同様、「着飾るための水着」ということができます。

着飾るということは、着用者自体の魅力がどういった点にあるのかは別として、服飾のデザインイメージに引っ張られる可能性が非常に強いということです。

そのデザインが100%、すべての人に受け入れられるものであれば、問題にはなりませんがそういったケースはないと言っていいでしょう。これでは着用者、今回の話でいうとアイドルのイメージではなく、その服のイメージになってしまいます。

また着飾るということは着用者の欠点も隠すことになります。フェティッシュ的な観点で言えば、お腹のちょっとしたお肉だったり、胸が若干はみ出しているような見た目が高評価を得られる場合がありますが、ファッション性の高い水着の場合、そのイメージに引っ張られてしまうが故に、アイドルが持つ欠点的な魅力が伝わりにくい場合もあります。

シンプルかつ無地な競泳水着が選ばれる傾向にある

シンプルかつ無地な競泳水着が選ばれる傾向にある
▲アイドルのイメージビデオで利用される水着は、このようなシンプルなデザインのものが多い。

グラビア撮影やイメージビデオ撮影で使用される水着は基本的にシンプルな競泳水着ばかりです。

その理由はやはりできる限り衣装のイメージを抑える必要性があるからと考えられます。

競泳水着にはシンプルなデザインのものばかりではありません。フィットネス向け、練習用と呼ばれる競泳水着のデザインは非常に多彩で、黒や紺といった暗い色だけでなく、明るい色のもの、デザインや模様がふんだんに使われているものといった、様々なものが存在しています。

価格についても、練習用のモデルのほうが安価に取引されていることが多いため、制作費を抑えるという意味では、こちらを利用したほうが良さそうです。

しかし柄物の競泳水着は、やはり着用者であるアイドルの魅力を下げてしまう可能性があります。この点はまさにしっかりとデザインされたレジャー用の水着を使わない証左とも言えるかもしれません。

また競泳水着フェチの観点から見て、人気の高い競泳水着はシンプルなものが多い傾向にあります。

そうしたファン心理を取り込むという意味においても、シンプルな競泳水着というのは外せない存在なのではないでしょうか。

柄が入ったような競泳水着が使われることももちろんありますが、その場合にはシンプルめなものか、普段遣いではなく衣装、レースクイーンが着用するレオタードを思わせるようなデザインのものが選ばれることが多いです。

競泳水着はアイドルを健康的に、官能的に見せることができる

競泳水着はアイドルを健康的に、官能的に見せることができる
▲官能的という意味ではレジャー用のワンピース水着でもデザインによって同様の効果があるが、スポーティーな競泳水着は、さらに健康的なイメージもつけることができる。

一般的なレジャー用のワンピース水着と競泳水着の大きな違いは、スポーツ競技での使用を目的として作られています。もう少しシンプルな言い方をすれば早く泳ぐために作られているということです。

そのため水着にできる限り抵抗を与えないようにするための技術や、泳ぐときに使われる筋肉が効率的に動かすことができるような技術が取り入れられています。

例えば競泳水着は身体を締め付け、第二の皮膚と言わんばかりにピッタリとフィッティングします。これは可能な限り、肌に吸い付けることで水の抵抗を減らすというものです。

また、この締め付けによって筋肉の動作を制御し、効率的に泳ぐことができます。
股のカッティングがハイレグになっているのも、水の抵抗を受けやすい布面積を限りなく少なくするための工夫です。

このような泳ぐためを目的とした水着である競泳水着はレジャー用のワンピース水着にはない機能が備わっていますが、その機能自体がアイドルの持つ魅力を下支えする存在にもなっています。

ピッタリ肌にフィッティングすることで生まれる魅力

ピッタリ肌にフィッティングすることで生まれる魅力
▲締め付ける方向に作用する競泳水着は身体にしっかりとフィッティングする。

競泳水着は身体にしっかりとフィッティングすることで肌と水着の間に隙間が生まれることのないよう、ピッタリとフィットするようにできています。先述のような言い方をするならば、まさに第二の皮膚そのものであると言っても過言ではありませんが、フィッティング性能を高めたことにより、身体のラインが確実に浮き出てしまいます。競技用の水着の場合、胸のカップもつけることができないため、乳首も浮き出てしまうほどです。

つまり水着の生地に覆われているとは言え、アイドルの一糸まとわぬ姿を如実に表すことができるというものです。

着用者そのものの体型によって水着の形状は変化しますが、シルエットそのものはアイドルの裸に近いものになり、視聴者が見えないところに対する想像力を働かせることで、その魅力は何倍にもなります。

また競泳水着はピッタリと肌に吸い付くように着用することができますが、運動することによって非常にお尻が食い込みやすくなってしまうことも特徴です。

競技に影響が出ないような形で限界まで布面積を少なくしているわけですから、表面を補おうとする布自体は少なく作られています。そのため、着用者とのサイズのバランスもありますが、ちょっとした運動ですぐにお尻が食い込んでしまいます。

食い込みの存在は、普段からしっかりと衣服を着飾っている女の子の油断を象徴するようなものであるため、ネガティブ要素から生まれる魅力と言ってもいいでしょう。

これら競泳水着が持つ機能が生む魅力は通常のワンピース水着には見られないものです。

ハイレグによるセクシーさの演出

ハイレグによるセクシーさの演出
▲競泳水着の醍醐味の一つといえばハイレグだ。これを期待している人は数多くいるだろう。

最近では全身タイプのものやショートジョン型と言われる、下半身部分がスパッツの形状をした競泳水着が主流となっていますが、布面積を少なくするがためにデザインされた競泳水着は通常のワンピース水着よりもハイレグ気味に作られています。

ハイレグによって視覚的に強調された部分は女性的であり、見る人をフェティッシュ的な感情や性的な高ぶりを与えてくれます。アイドルがもつ「女」としての部分を極限にまで高めることができるのは、このハイレグの役割と言ってもいいでしょう。

この点についてはGoogleの画像認識技術を用いて実際の数値と状態を確認してみたところ、面白い結果が得られました。

詳細は上記ページをご覧頂けるとわかりますが、実はGoogleが使用している機械学習においてもハイレグの競泳水着画像はセクシー、性的な魅力があると判断されています。
もちろん人間の目から見てもそう思うわけですが、少し前までの技術では実現できなかった機械による判定でもセクシーと判断されているのは注目するべきポイントでしょう。

またハイレグの競泳水着を着用することによって、もう一つ利点があります。

それは脚を長く見せることができるという点です。アイドルに限らず、人の容姿を魅力的に感じさせる点に脚の長さは誰にでも当てはまることですが、ハイレグのカッティングはその角度から、対比する脚の部分を長く見せることができます。ローレグのもったりした感じではなく、鋭角に切り込まれたカッティングは疾走感のある雰囲気も与えるので、見た目にも感じ方も脚の長さを感じさせるというものです。

競泳水着は健康的な演出が可能となる

競泳水着の機能的な部分ではなく、全体のイメージの話になりますが、競泳水着は着用者のイメージを健康的、能動的な雰囲気に見せることができます。

繰り返しになりますが、競泳水着は競技のために作られた水着です。つまりスポーツの場面において見ることのできる水着ではありますが、そのことは詳しくはなくても誰もが知るところです。そんな各個人が持つイメージがあるため、着用者であるアイドルを明るく健康的なイメージで見せることができます。仮に色が暗めの色のものだったとしても、そのイメージが大きく崩れることはないでしょう。

これが普通のワンピース水着の場合だと、もともとその水着に備わっている妖艶、セクシーといった別の要素が大きく出てしまうため、健康的とは違った視点のものになってしまいます。
あくまでアイドルを健康的なイメージに持っていくために競泳水着はうってつけと考えることができます。

まとめ:競泳水着はアイドルの魅力を引き上げ、明るいイメージをもたせることができる

イメージビデオで使用される衣装で競泳水着が選ばれる理由には、このような理由があるのではないかと考察できます。

速く泳ぐために機能性をもたせた部分がセクシーさや、身体の見え方を変えてしまうことや、全体のイメージとして健康的なイメージをもたせることができる点は、競泳水着の開発者が考えもしなかったことかもしれませんが、いずれにしてもスポーツの現場以外でも用いられるようになったのは、フェチ的な観点も絡んでいることだと思います。

現在では競技用の競泳水着はスパッツ型、全身型と姿かたちを変えてきているため、ハイレグな競泳水着がどこまで存在し続けることができるか不明瞭なところはありますが、メーカー側も売るという部分においては至上命題であるため、練習用のモデルやミドルクラスの水着で取り入れられ続ける可能性はあります。

引続き、イメージビデオでどのように、どんな頻度で競泳水着が使われ続けるのかチェックしていきたいと思います。

About sukumizu.tv 1443 Articles
Japanese fetish site 『より多くの女性にたくさんの水着を』というシンプルなコンセプトの水着フェチサイト。スクール水着、競泳水着を中心に写真集制作を行っております。ドメインがsukumizu.tvであるのにも関わらず、競泳水着が多めなのはご愛嬌。さまざまなタイプの女性と水着の共演をお楽しみください。