はじめての人は必読!競泳水着初心者が選ぶべき水着はどれ?

競泳水着フェチをこじらせた男性であれば、一度は考える女性用競泳水着の購入。
購入する理由もパートナーや彼女に着せたいと思う方から、自分で着てみたいという着用派まで様々だと思います。
購入に慣れている人や競泳水着に熱い想いのある人であれば欲しいものに手を出すところですが、大多数の初心者は決してそうではないでしょう。
そもそも女性用競泳水着なんてどこで買えばいいかわからないという人もいますし、決して安いものでもありません。
そこで、初心者の背中を押すという意味で、初めて競泳水着を購入する人のために選ぶべき水着のポイントや購入方法について説明いたします。

おとな競泳水着ナイトバナー

意外かもしれないが初心者の購入ハードルはちょっと高い

意外かもしれないが初心者の購入ハードルはちょっと高い

▲自分の感性に響く競泳水着を見つけたとして、どうすれば購入できるのだろうか。

競泳水着フェチ諸氏にとって「これを着てみたい!」とか「これを女性に着せてみたい!」というものはだいたいグラビアやフェチサイトなどで見かけるような水着ではないでしょうか。
そのような水着こそが競泳水着フェチを作っている可能性もあると思いますが、これらの水着は非常にレア度が高く、そもそも廃盤となっている製品が多いため、スポーツ用品店などの一般的な流通ルートで手に入れることはできません。

人気の高い水着は希少性が高く高額である

人気の高い水着は希少性が高く高額である

▲競泳水着の世界では人気の高いモデルのほとんどは廃盤となっていることが多く、手に入れることがかなり難しい。

競泳水着初心者はもちろん、玄人であっても、魅力に感じる水着はどうしてもある種に集中してしまいます。先述の説明の通り、これらの水着はいずれも製造が終了してしまった廃盤モデルであり、モノによっては20年近く前のモデルも存在するくらいです。ということは単純に言って希少性が高く、手に入れるにはオークションで落札することが当たり前になってしまっているということです。

価格帯も具体的には2万円以上つくことが当たり前となってきており、初めて競泳水着を購入する人たちにとっては高いハードルとなってしまっているのが現状です。
もちろん一般に流通していないということもあって、いつ手に入るかもわかりません。

慣れていなければ見極めが難しい中古品の購入

慣れていなければ見極めが難しい中古品の購入

▲割り切って購入するのであれば問題ないが、中古品の水着をオークションなどで手に入れる場合は、一定の経験と知見がなければ満足の行く取引を行うことは難しい。

欲しいと思った競泳水着がオークションに出ていた場合でも、廃盤品の多くは何らかの形で使われた中古品であることがほとんどです。新品と同等、あるいは着用回数数回などであっても、中古品であることに変わりはありません。
そんな中古品の競泳水着はいわゆる経年劣化が起こっていることは間違いありません。
例えばオークションの出品写真を見て「思ったより状態は良さそうだ」と思って購入してみても、生地が伸びてしまっていたり、もしかすると粉吹きが起こっていることもあります。もちろん商品の説明を親切丁寧に書いている出品者であれば説明を読めば済む話ですが、出品者も完璧ではありません。
正常な最初の状態を知っている出品者はほとんどいないと考えたほうがいいため、わずかな見落としも十分考えられます。
紹介用の写真も撮影時の光の加減などで損傷部分がわかりにくいこともあり、オークションで中古品を購入することは初心者にとって満足の行く商品が必ず購入できるとは限らないのです。

競泳水着購入初心者はまず手軽な水着から

競泳水着購入初心者はまず手軽な水着から

▲競泳水着の中には練習用のものや海外製などで比較的安価に手に入れることができるものがある。そこを狙っていくことで、購入のハードルを下げてみよう。

これらの理由を考えると選ぶべきは、原則新品の競泳水着で手軽な価格帯で手に入れられる水着、ということになります。
いつまで経っても競泳水着を手に入れることができない、というのは少し悲しい気もしますし、なにより自分で着るにしても、人に着せるにしても、体験できないという機会損失にもなりますので、購入したことがない人は、この注意点を守ってまず買ってみる、ということが大事です。
それでは、どういった水着を選べばいいのでしょうか。

定番ブランド以外のものを買う

定番ブランド以外のものを買う

▲中国系のブランドをはじめ、いわゆる競泳水着フェチから見て定番ではないブランドは安価な水着がラインアップされていることがある。

競泳水着フェチにとっての定番ブランドといえば、arena、asics、MIZUNOなどが挙げられます。これらのブランド水着は競泳界を牽引してきた長い歴史を持ったブランドであり、競泳水着フェチから見ても名器と呼ばれるモデルがいくつも存在します。
特にこれらの廃盤モデルは数年前のものであっても高額になる傾向があることから、あえてそこから軸足を外すという作戦です。
比較的、安価で販売されているブランドと言えば、中国ブランドであるインファー、NSAあたりが知られています。

インファーの過去のモデルを見てみると、arenaやasicsといったブランドのコピー品(中国らしいといえばそうなりますね)が製造されていたこともあり、これらは本家と比べると安価に取引されています。
またインファー、NSAは、arenaなどの数年前のモデルを模倣していることがあるため、競泳水着フェチに刺さりそうなデザインや素材のものがAmazonで現行モデルとして販売されていることもあります。
価格もかなり安いため、まずはここから始めてみる、というのは非常に意味のあることです。

柄物や海外モデルを買う

柄物や海外モデルを買う

▲素材感に大きな違いはないが、柄物の競泳水着はシンプルなものと比べ、安価になることが多い。

いやいや、どうしてもブランドにこだわりたい、という人もいるかもしれません。
人気モデルはどうしてもオークションなどで高額になりがちですが、廃盤となったモデルでも安価に手に入れることができるものもあります。
先程の注意点の禁を破って選ぶとすれば、それは「柄物」と「海外モデル」
柄物はシンプルな水着と比べて人気が今ひとつということもあって、相対的に見て安価な価格帯で取引されています(一部モデルを除きます)

また海外モデルは、人気のものは高額になりますが、意外なことにシンプルなものでも安く手に入れられることが多くあります。
狙い目は韓国製のもので、少し柄が入っているものなどが多くありますが、こちらの水着はなぜかあまり高額にはなりません。2019年現在の感覚値で言っても、高くても1万円を超えることはありませんでした。
少しだけ予算に余裕があるようでしたら、これら「柄物」や「海外モデル」を購入してみることを検討してみてもいいでしょう。
ただし中古品であることが明記されている場合は、水着にダメージがあるというリスク込みで購入することを覚えておきましょう。

どこで買う?→基本的にネット一択

次に初心者はどういったお店で購入すればいいのか、ということになりますが、これはネット一択、ということになります。
そもそもですがよほどの勇気がなければ男性が店頭で女性用競泳水着を購入するというのは恥ずかしい思いをしてしまいます。その観点から言えばネット一択、というのは間違いのない答えではないでしょうか。

NSAなどのモデルはAmazonで

先述の説明で出てきたNSAなどのブランドはAmazonで購入することができます。
もはや説明は不要かもしれませんが、世界最大のネットショッピングサイトですし、多くの人が利用しているという点では安心して利用することができるのではないでしょうか、
大量の商品を取り扱っているということもあってディスカウント率も高く、手っ取り早く購入するという意味ではAmazonが一番のおすすめです。

オークション、個人売買アプリは注意してリスクを考えて利用する

どうしても廃盤品で欲しいものがある場合は、出品者の評価と出品している商品の説明を見極めながら購入するようにしましょう。
初心者にとってはリスクのある選択ですが、安価に手に入れられる水着もいくつかあるため、まずはここから試してみる価値もあります。自分の中で「これ以上は出せない」という予算を設定しておいて入札に望むといいでしょう。

まとめ:まずは一歩踏み出そう

競泳水着を購入したことがない人にとって、初めての購入はドキドキしてしまうものですが、どんな買い物にもリスクはつきものです。特にこういった趣味的なジャンルならなおさらです。
しかし競泳水着購入初心者にとっては、低いリスクで購入するということが求められるため、あえて新品で安価なブランドのものを購入するということを提案いたしました。
もちろん最初からお目当ての水着があって、お金のことはいいからとにかく購入したいという方にとってはこの限りではありません(ハイリスクになるかもしれませんが・・・)
みなさんにとって最初の一歩が実りあることを願っております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

sukumizu.tvオリジナル水着写真集好評発売中です!
おすすめの記事