LEOHEXってなんだ?レオタードを実際に買って品質を確認してみた

LEOHEXってなんだ?レオタードを実際に買って品質を確認してみた

2017年の夏かそれくらいだったと思うのですが、ヤフオクで「競泳水着」というキーワードで検索をかけると、LEOHEXというブランド名が描かれたレオタードがヒットすることが増えました。

当時はこのブランドが認知される段階だったと思いますので、取引される価格帯もまちまち。2000円台が関の山のようにも思っていたのですが、ここ最近(2018年1月現在)だと5000円近くで取引されることも珍しくなくなりました。

それどころか一部モデルについては10000円を突破するなど、競泳水着のオークションの中でも高額帯に入ろうかという領域で取引がされています。
このLEOHEX、何者なのでしょう?

とりあえずメーカーなど調べてみた

まずはLEOHEXというキーワードで検索してみます。
ヤフオクなどで販売された形跡がヒットはするものの、それ以外でメーカーを示すようなものは見つかりません。むしろ検索結果の数が少なすぎます。
当たり前かもしれませんが、世間一般では周知されていないブランドのようです。
amazonでも販売されていることを確認したので、とりあえず覗いてみます。

こちらでもメーカーを示すようなリンクは見つかりませんでしたが「woxiwoeirp●」というアカウント名を発見しました。商品名に並行輸入品とも出ていることから、日本国内に出している出先の法人かもしれませんね。

このレオタードがどこで作られているかはわかりませんでしたが、使用されているモデルから推察するに中華人民共和国で間違いないでしょう。
あのモデルの撮り方は中国のグラビアでよく見かけるような撮り方ですので・・・。

realiseに似てますよね

それで今さらのように白々しく言ってしまいますが、realiseに似てますよね・・・。
実際に水着(レオタード)をいくつか確認しましたが、これはどう見てもrealiseさんのデザインをそのまま持ってきた印象を持ってしまいます。
モデル名で言えば、N-037やN-015が該当するのではないでしょうか。

N-015との比較

LEOHEXレオタードとN-015との比較(N-015の画像)



N-037との比較

REALISE LEOHEX
LEOHEXレオタードとN-015との比較(N-015画像) LEOHEXレオタードとN-015との比較(LEOHEXの画像)

こうして並べてみるとわかりやすいのですが、まぁ、ホントにデザインそのまま・・・。
それではなぜ2017年の夏頃からヤフオクに並び始めたかと言えば、推察ですがrealiseでは光沢感やラバー感の強いモデルを中心に販売が展開されるように成り、旧モデルであったツーウェイ系(実際には違う素材だと思いますが)は生産終了の運びとなり、中国側のメーカーが商機と踏んで展開してきたのではないでしょうか。

現段階では過去のrealiseのモデルがLEOHEXにとって変わってしまうのではないかというくらい、勢いを感じています。

実際に買ってみて品質を確認してみた

それでは本当にrealiseと同じようなクオリティであるのか。確認してみなければなりません。
そこで実際にオークションで購入してみました。

LEOHEXのレオタードに着いていたタグ

購入した当時は塩ビに近いようなビニール圧縮袋のようなものに入っており、一応アパレルメーカーで使われるようなタグが入っていました。こちらはしっかりしているような印象を受けます。
ところがタグの下にある「LEOHEX.COM」というドメインが書かれていたので、ブラウザで表示させようとしましたがなにも出てきませんでした。なんだか中途半端です。

モデル着用&撮影時の感想

とりあえずモデルさんに着用していただきました。
まずは白紫のハイネックレオタードモデルから。

LEOHEX 白紫ハイネックレオタード×灯月いつか(1)

どうでしょうか。写真映えはかなりいい感じがします。
撮影時も色味に珍しさを覚えたものの、特に気になるところはありませんでした。
ただ気になったのが、デザインは似ていても素材に違いを感じた点です。

今度はLEOHEXとrealiseの水着(同モデルに近いもの)と並べて確認してみました。

LEOHEXとrealiseの素材で比較してみた

LEOHEXの素材は、以下のようになっております。

ストレッチ素材
ポリアミド 82%
スパンデックス12%

一方、realiseは触った感じがツーウエイに非常に近いものであるものの、SSW素材(スーパー・シャイニー・ウェット)使用とあり、内訳はわかりませんが、特殊なものを使用している可能性があります。
わかりやすいように、双方の水着を並べて撮影してみました。

LEOHEXとrealiseの生地比較(全体)

上がLEOHEX、下がrealiseです。色味の話はともかく、こうして並べてみるだけでも生地に違いがあることがわかります。LEOHEXのほうは少々、毛羽立って見えるような感じもしますね。

LEOHEXとrealiseの生地比較(拡大)

アップで撮影してみました。生地の状態が少しわかりにくくなってしまいましたが、違いがあることが確認できます。

realise側でもストレッチ素材のような感じのツーウエイに近い生地で作成されているため、質感はかなりなめらかなイメージになりますが、LEOHEXではややざらついた感じがします。
もう少し踏み込んで言うならば、チープ感をやや感じてしまいます。中国で生産されていることを考えると、やはりこのあたりに差が出ると考えたほうがいいのでしょうか。
撮り方の差はあるにせよ、写真写りには問題ありません。しかし着た時のイメージや着用者にしてもれば差を感じる部分になるかもしれませんね。
男性でも着用されるファンの方がいらっしゃるかもしれませんが、realiseとLEOHEXの生地クオリティは明らかに違います。

長袖ハイネックレオタードの品質

こちらも生地としては先述と同じでした。
触った感じでやはりざらつきを感じる部分があり、一部のスクール水着の質感に近い感じがします。
とりあえずこちらもモデルさんに着用してもらおうとしたのですが・・・。

LEOHEXレオタードのファスナー故障

上の写真の通り、新品で購入したのにファスナーがすぐに壊れてしまいました・・・さすが中華製なんでしょうか。
これは実際に鉄観音サワラさんに着用してもらおうとした際、壊れてしまったのでとりあえず撮っておいたのですが、やはり品質には問題を感じますね。

今後のLEOHEXはどこに向かおうとしているのか

そんなこんなでLEOHEXについて気になることがあったので、書き進めましたが今後のLEOHEXはどうなるのでしょう。
デザインを引用(というか参考というの名のパクリでは)していること以外に特筆すべきことがないので、デザイン面においって開発能力があるとは思えません。
このままで行くとrealiseの模倣を続けるか、他メーカで人気が出たものを取り込むくらいしか予想がつきません。

とは言え、まったく何も考えてないかというとそういうわけでもなさそうで、2017年12月、2018年1月段階では既存モデルのマイナーチェンジということで、色味を変更したりします(もしかしたら生地を変えたのかもしれませんが未確認です)。
日本人好みということでフェチ感を高めるために、より濃い色を採用したようですが、今後についても観察を続けたいと思います。

About sukumizu.tv 1250 Articles
Japanese fetish site 『より多くの女性にたくさんの水着を』というシンプルなコンセプトの水着フェチサイト。スクール水着、競泳水着を中心に写真集制作を行っております。ドメインがsukumizu.tvであるのにも関わらず、競泳水着が多めなのはご愛嬌。さまざまなタイプの女性と水着の共演をお楽しみください。