【画像つき!】すべすべ系orゴワゴワ系?生地から考えるスク水の選び方

【画像つき!】すべすべ系orゴワゴワ系?生地から考えるスク水の選び方

単純にスクール水着と言っても使われている素材にはいくつか種類があることをご存知でしょうか?
元々は学習用の水着として作られたものなので、長時間の使用に耐性があり、かつ成長期にある学童の成長に合わせて伸縮性が求められるため、使われている素材はレジャー用の水着とは少し異なる場合があります。

この点については競泳水着とスクール水着の違いはどこかまとめてみたでも紹介しています。

スクール水着を着用したモデルさんを紹介したサイトや写真を見ることがよくありますが、デザインも去ることながら、どのような素材でできたスク水を選べば自分の思ったとおりの撮影ができるのか、気になったことはありませんか?

ここではスクール水着で使われている生地について詳しく紹介したいと思います。
この記事を読めば

  • 代表的なスクール水着の生地の種類
  • それぞれの生地の特徴と撮影時に使うスクール水着のの判断基準

がわかるようになります。

スクール水着を着用したモデルを撮影したいと考えているカメラマンさんやモデルさんにとっては、どういったスクール水着を選べば自分に合うのか考えやすくなると思います。

スクール水着の生地は大きく分けて2つあります

スクール水着の生地は大きく分けて2つあります。俗的な言い方をすれば「ゴワゴワ系」「すべすべ系」の2つ。どちらもスクール水着の素材としてはメジャーなもので、基本的なものとして知っておきたいものです。

それぞれの生地は一長一短があり、どちらが優れている、というものではありません。スクール水着を購入する際は、どういった物が欲しいのかを考える上で重要な指標となるため、知っておくことでどちらを選べばいいかわかるようになります。

1.ゴワゴワ系の生地はポリエステル

1.ゴワゴワ系の生地はポリエステル

ゴワゴワ系の生地の素材は「ポリエステル100%」のものがほとんどです。
スクール水着の素材として代表的なものということは先述のとおりですが、比較的旧式のもの、昔からあるスクール水着でこの素材が使われていることが多くあります。

ポリエステルのメリット

ポリエステル生地のスクール水着は下記のようなメリットがあります。

  • 洗濯時の吸湿性の低さ
  • 塩素にも強く長持ちしやすい
  • 保管がしやすい
  • (どちらかと言えば)安価で販売されている

上記のようにポリエステル素材のスクール水着は非常に耐性が強く、洗濯や塩素に強いため長持ちすると言われています。特に繰り返し学校で使う場合を想定されていますので、少々のヨレなどにも強く保管時の耐性も高いです。

そのため、撮影用の衣装として持っていく際も、ある程度ぞんざいに扱ったとしてもシワやダメージを受けることはありません。また耐久性がありつつも、比較的安価で販売されているため、衣装としてとりあえずの一着、という考え方もできるのではないでしょうか。

ポリエステルのデメリット

一方でポリエステル素材のスクール水着には以下のようなデメリットがあります。

  • 伸縮性が高くない
  • 水を吸うと重くなるため泳ぎにくくなる

スクール水着の素材には伸縮性があるものが使われているはずですが、残念ながらポリエステル100%の生地は思ったほど伸びません。大人になってからの着用だと大きな問題にはならないと思いますが、少々のサイズ違いでは問題にならないかもしれませんが、着用した際に圧迫されてちょっと苦しく感じる、といったことも予想されます。また水を吸うと重たくなってしまうため、泳ぎに影響が出ることもデメリットの一つでしょう。

ポリエステル素材のスクール水着着用イメージ

ポリエステル製のスクール水着着用イメージは下記のようなものになります。
※いずれもアシックスデポルテ製旧型スクール水着 D320

アシックスデポルテ D320×ぺこ(1)
アシックスデポルテ・旧タイプスクール水着・D320

ポリエステル素材のスクール水着まとめ

このようにポリエステル素材でできたスクール水着を選ぶ時のポイントとしては、

  • 伸縮性の心配はそんなにしなくてもいい(適度なサイズが分かっている)
  • 衣装としてできるだけ長持ちさせたい
  • 泳ぐような場面を撮影することは想定していない
  • とりあえずなんでもいいからスクール水着の着用がしたい!と考えている

といったところから選択のポイントになってくると思います。

また好みが分かれるところですが、ポリエステルでできたスクール水着は当サイトの撮影経験上、光沢感が出しにくい水着です(水濡れなどの撮影を除く)
この点についても知っておいたほうがいいでしょう。

2.すべすべ系の生地はナイロン+ポリウレタン

2.すべすべ系の生地はナイロン+ポリウレタン

「すべすべ系」と言われるスクール水着の素材で代表的なものは「ナイロン+ポリウレタン」素材のものです。「すべすべ系」はその名の通り触った感じがとてもすべすべしています。独特の光沢感が出やすく、フェチ的な要素としてはナイロン+ポリウレタン製の水着のほうが高く評価される傾向にあります。

一部、旧スク水でも使われていますが、新スクール水着以降のスクール水着で採用されていることが多いです。

ナイロン+ポリウレタンのメリット

ナイロン+ポリウレタン生地のスクール水着は下記のようなメリットがあります。

  • (どちらかと言えば)水を弾く傾向にあるので泳ぎやすい
  • 身体にフィットしやすい伸縮性
  • 光沢感・シルエットが美しい

水泳的な性能で言えばポリエステル製のスクール水着と比べると、泳ぎやすいところが大きな違いですが、伸縮性が高いため多少サイズにズレがあったとしても難なくフィットして着用することができます。

モデル撮影の観点から言えば、身体にフィットしやすいため体のラインが出やすく、光沢感にも美しさがあります。

ナイロン+ポリウレタンのデメリット

一方でナイロン+ポリウレタン生地のスクール水着には以下のようなデメリットがあります。

  • 耐久性が低い
  • 熱に弱い

この記事の致命的な欠点は耐久性が低いということです。プールに浸からないモデル撮影で使う分には特に大きな問題にはなりませんが、洗濯しただけでも生地に大きなダメージを与えてしまいます。
こちらも本来のスクール水着の用途から考えれば、耐久性が高くなくてはならないところですが、どうしても難があります。洗濯だけでなく、塩素にも強いとは言えないため、プールから上がった際には、適切に処理をしなければ生地がすぐによれてしまい、使用済み感が出やすくなります。

また熱にも弱いため、間違ってもアイロンなどはかけないようにしましょう。

ナイロン+ポリウレタン素材のスクール水着着用イメージ

ナイロン+ポリウレタン製のスクール水着着用イメージは下記のようなものになります。
※いずれも旧型スクール水着 フットマーク 1210000

フットマーク 1210000×ニーソ×かみのゆず(1)
フットマーク 1210000×ニーソ×九あいり(2)

ポリエステル素材のスクール水着まとめ

このようにナイロン+ポリウレタン素材でできたスクール水着を選ぶ時のポイントとしては、

  • フェチっぽい感じの水着を選びたい
  • ある程度フィット性の高いスクール水着を選びたい

といったところから選択のポイントになってくると思います。

光沢感が強いものが多いので、フェチ度はこちらのスクール水着のほうが高いと考えますが、こちらは好みによって分かれるところなので、伸縮性を考えて選択したほうがいいでしょう。
ちなみに過去の実績で言えば、こちらの水着のほうがモデルさんに好まれる傾向でした。

まとめ:衣装のスク水は生地から考えるとイメージしやすい!

このように代表的なスクール水着の素材からスクール水着を衣装とする際の選び方について紹介しました。それぞれの素材には一長一短があり、どちらにも良し悪しがありますが、それぞれの特徴を知ることで自分がスクール水着を選ぶ際にどういったものを選べばいいのか見えてくるのではないでしょうか。

当サイト調べでナイロン+ポリウレタンのほうが人気が高いことはわかっていますが、着用する際のシーンや情景によっても変わってくるかと思います。ぜひご自身の撮影にとってベストなスクール水着を見つけてみてくださいね!

もしかしたらここで見つかるかも

DMMが開催しているアダルト関係のオークションサイト。衣装やグッズが手に入るかもしれない、そうです。
あの作品で見たスクール水着も、もしかしたら手に入るかも?

About sukumizu.tv 1111 Articles
Japanese fetish site 『より多くの女性にたくさんの水着を』というシンプルなコンセプトの水着フェチサイト。スクール水着、競泳水着を中心に写真集制作を行っております。ドメインがsukumizu.tvであるのにも関わらず、競泳水着が多めなのはご愛嬌。さまざまなタイプの女性と水着の共演をお楽しみください。