取り返しがつかなくなる前に知っておきたい競泳水着でフェチプレイをする時のポイント

取り返しがつかなくなる前に知っておきたい競泳水着でフェチプレイをする時のポイント

このサイトを御覧頂いている変態紳士&淑女の皆様に置かれましては、水着を使って「あんなこと」や「こんなことを」をしてみたい!という願望を持った方も少なからずいらっしゃるのではと思います。
着用するだけ、撮影するだけに飽き足らず、きっとエッチなことをしてみたいと思ってしまうかもしれません。もちろんそれ以上の変態プレイもいつかは、と考える人は少なくないのではないでしょうか。
しかし競泳水着は実にデリケートな生地でできているため、様々な刺激に弱いという一面があります。そもそもプールで使われる水着なのに、塩素にもそんなに強くないというところがあります。

▼詳細記事はコチラから

そんな競泳水着のウィークポイントとも言える、内容を示すと下記の通りになります。

強いヨレ・生地の引っ張り
繊維にダメージが直接的に加わり、水着全体のノビなどにつながります
競泳水着は化学繊維でできているため熱に弱いです。こちらも生地の変質、変形が起こる可能性があります。
薬品・化学物質
プールの塩素はもちろん、洗剤などにも弱いと言われています。

これを元に考えると、実は競泳水着を着用したプレイは、水着自体を痛めてしまう可能性があります。せっかくお気に入りの競泳水着でプレイを楽しんだのに、もう使えなくなってしまった、なんてことになってしまったら残念ですよね。

この記事を読むことで、

  • どんなプレイが競泳水着にとってダメージを与えるのか
  • プレイを行う際の注意ポイントは?

と言ったことを知ることができます。

プレイ別競泳水着のダメージポイント

少なくともこれだけは言えるという結論ですが、競泳水着でエッチをしたり、変態プレイをすることで確実に競泳水着にはダメージがあります。
ここではプレイ別に競泳水着がどのようにダメージを受けるのか解説致します。
中には今までやってきたものや、これからやりたいプレイなども含まれている可能性があると思いますので、振り返りながらぜひ読んでみてください。

1.セックス時にずらして挿入する

これは普通にあるような話ですので、よくある事例になってくるかもしれませんが上記動画のような感じでプレイを行うときのことを想定した内容となります。
男性器を挿入する際は、どうしても水着をずらして挿入しなくてはなりません。このことを考えると、サイズピッタリでタイトに着こなしている競泳水着の場合、生地に大きな負担をかけてしまいます。
この場合、もちろん女性にとっても水着の締め付けが強くなるため、ストラップ(肩紐)の部分に跡が残るほどの締め付けになることも想定されます。
そして行為後も可能であれば、なるべく早めに水洗いをしておかないとシミになったりすることもあるので、注意が必要です。

2.SM

単純にSMと言っても内容は多岐にわたります。目隠しや簡単な拘束を行うソフトSMから、ろうそくや鞭を利用したハードなものまで。
基本的に水着にダメージが及ばない限りは、長時間着用を除いて影響は少ないので、競泳水着自体に大きな影響を及ぼしやすいものだけをピックアップして説明致します。

2-1.緊縛プレイ

緊縛に慣れた緊縛師が競泳水着を着用したモデルを単純に縛る、程度のことでしたら競泳水着に対する影響は少ないと考えます。この点、実は素人とプロの縛りに違いがあるため、素人が縛ると水着にダメージを及ぼす可能性がありますが、違いはどこにあるかと言えば縛った時のモデルに対する圧力のかかり方です。
緊縛をプロとする人は、実はモデルに対しての影響を最小限にとどめています。一見、縛られて苦痛なようにも見えますが、実際には動けない程度のものでモデル自身に痛みを伴うような影響はあまりありません。
これが素人ともなると、力の加減や誤った結び方によってモデルさんに大きな負担を与えてしまうことがあります。
着用している水着はモデルと一心同体なわけですから、モデルに負担を与える縛り方は水着にも影響を与えるということです。

縄はおもちゃのような表面がツルッとしたようなものから、プロご用達のしっかりした麻縄までありますが、表面加工されていない麻縄を使用した場合は、水着を痛める可能性があります。
プロの方が使う縄は表面が馬油で加工されていることもあるようなので、安全面などを考慮するとコチラを選んでみたほうがいいかもしれません。

2-2.ろうそく

競泳水着を着用した人にろうそくプレイを行うことは避けたほうがいいでしょう。やらないほうがいい、といったほうがいいレベルです。
競泳水着は化学繊維でできているため、熱にとても弱く、ちょっとした高温でも溶けてしまったり、変形する可能性があります。

「SMで使われるろうそくの蝋は熱くないんじゃないの?」と言われるかもしれませんが、熱さを感じないというわけではありません。思わず「熱っ!」と声を出す程度には熱いです。
そのため大量の蝋を競泳水着に垂らしてしまうと、繊維に溶けた蝋が入り込んでしまい大やけどを起こす可能性もあります。それどころか溶けた繊維と患部の癒着が起こってしまい、皮膚表面に複雑な傷を負ってしまうことも考えられます。
まず間違いなくやってはいけないプレイになるでしょう。

2-3.ムチ

競泳水着着用者にムチを振るうことで、競泳水着にもダメージを与えてしまいます。競泳水着は摩擦にも弱いため、洗濯を行う際は別にネットに入れて洗ったり、手洗いが推奨されるほどデリケートなものです。
ムチによる打撃は確実に繊維を傷つけるため、あまりにも多くのムチを打ち続けられると破けてしまう可能性があります。

特に一本鞭は身体に対する負担が大きいムチと言われているため、水着へのダメージも計り知れないでしょう。
ただしバラ鞭、乗馬鞭については、打撃面が広くなりやすい傾向にあるため、一本鞭よりは負担が低い可能性が考えられます。
競泳水着を着用した上で、鞭打ちを行いたい方はムチの選別にも気を配ったほうがいいかもしれません。

2-4.おもらし・スカトロ

水着を着用したままでの排泄行為や、スカトロ行為なども水着が痛みやすくなってしまうプレイの一つです。
基本的には水着が汚れることによって洗濯をする必要がありますが、水洗いというわけにもいかないので洗剤を利用することになります。
その際の洗剤によるダメージ、というのが考えられます。
もちろん汚れたままの水着を長時間放置することによってできてしまうシミなどにも注意しましょう。

3.Wet&Messyプレイ全般

Wet&Messyと呼ばれるプレイがあります。
国内においては、ローションを使ったもの、塗料、食品などが主流ですが、海外では肥溜めや道路の水たまり、沼に入るようなプレイも存在しています。
これらのプレイも基本的には水着を洗濯したときによるダメージというものが考えられます。

3-1.ローション

大量にローションを使ったプレイはある意味、競泳水着フェチとしても股間に響きやすいプレイです。
ローションは肌に触れても安全なように作られているため、プレイ中の競泳水着への影響はあまりないと考えられますが、プレイ後にローションを落とすために洗濯をしなくてはなりません。
その際に洗剤を使ったりすることで水着にダメージを与える可能性があります。
ローションの場合ですと、まず大量の流水で手洗いをした後に、軽く洗濯機にかける程度にしておくと、生地へのダメージは最小限になります。

3-2.メッシープレイ

メッシープレイは先述の通り、食品を用いたプレイです。ローションプレイとの大きな違いは油ものが入り込む可能性があるということです。
上の動画では競泳水着ではないものの、マヨネーズを他雨量に使用しています。マヨネーズはラードが使用されています。
競泳水着に油が付着してしまいますと、流水だけで洗いきることができなくなってしまいます。そこで洗剤を使って洗濯機にかけなければいけませんが、この時に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。

また白い水着にナポリタンのような色の強いものを刷り込ませたりすると、大きなシミになってその水着が使えなくなってしまう可能性もあります。
例えば服に料理のつゆがはねてしまった時は応急措置的な対応をすることでシミを回避できるようになりますが、メッシープレイは汚すことをプレイとしているわけですから、すぐに洗い流す、ということはしないでしょう。
そのためシミにもなりやすいプレイ、ということができます。

4.長時間の着用

プレイということで服の下に競泳水着を着用して外出するようなこともあると思います。
こちらは薬品などによるダメージは考えられないものの、服との摩擦ダメージの他、長時間着用による生地の伸びが気になってきます。
競泳水着はプールで着用することを考えられて作られたものですので、耐用寿命がそんなに長いわけではありません。
塩素に触れなければ、という考え方もできますが、やはり何時間も着用して外に出歩くことは、水着にとって大きな負担になってきます。

また水着だけではなく身体への負担も大きいことも覚えておかなくてはいけません。


上記の記事でも触れておりますが、競泳水着の長時間の着用は健康を害する可能性があります。
もし着用するならある程度ゆったりしたものを選ぶか、長時間に及ばない程度にすませておくのがいいでしょう。

5.水着を切る・破く

衣装を切り裂くことが好きなリップフェチというものがあります。一般的にはパンストの切り裂き程度ならよく聞くかと思いますが、徹底して衣装を切り裂くというものです。
中の人的には、このフェチに対する体験がないためなんとも言えませんが、女の子の衣装を切り裂くわけですから、カッターナイフを使うにせよ、ハサミを使うにせよ、ちょっと危ない話だと思います。
とは言え、プレイなので当人が良ければそれで良かろうではないか、と思うのですが、競泳水着を切り裂くことも考えられます。
この場合、衣装を破壊することを目的とするわけですから、もはやダメージもへったくれもありません。注意点も何もあったものではないです。

ただ、衣装の一部を切り裂くことも考えられます。
グラビアアイドルなどの被写体が衣装の改造ということで、水着の全面を縦に切り裂いて、胸を主張することを目的とすることや、股部分を切り裂いてセックスしやすくするため、など、水着を撮影やプレイ目的のために切ることがあります。
イメージとしては以下のようなものです。

競泳水着と白桃バスト 平野もえ

しかし安易な切除は水着そのものをダメにしてしまいます。本来であれば、切断した箇所は傷まないように縫製による加工が必要ですが、そのままにしておくと切断面から生地がほころび始めるため、その後、意図しない形で切断箇所が広がる可能性があります。
もしその水着を今後もとっておきたいのだとしたら、安価で手に入れることのできたもので代用するなど考えたほうがいいかもしれません。

まとめ:競泳水着にダメージを与えやすいプレイとポイント

このようにプレイだけでも競泳水着に与える要素はいたるところにあります。
ポイントとしてまとめると以下のようになります。

  • 長時間着用してのプレイは生地の伸びが心配される
  • 水着に摩擦や打撃を与える行為は、水着にもダメージを与える
  • 水着を汚してしまうプレイは洗濯時のダメージを考える
  • 高熱を与えるプレイは避ける
プールの塩素以外で競泳水着がダメージを受けるポイントは、伸び・摩擦・汚れ・洗濯時のダメージ・高温がほとんどです。
これらのポイントを知っておくことで、プレイにはどんな要素が含まれているのか、実際に行う前にシミュレーションを立てたほうがいいでしょう。
そうすることで、手持ちの競泳水着のライフタイムを伸ばすことができ、結果として衣装としても長い時間活用することができるはずです。

一般の方からすれば、競泳水着を着用してセックスするだけでも十分変態行為として認知されてそうなものですが、競泳水着フェチの人たちにとっては、そこから様々な性癖やプレイに興味を持っている人も少なくないと思います。
大切なコレクションを使うのはやはり忍びないと考える人がいるかも知れませんが、どうしても競泳水着を使ったプレイを行いたいということであれば、安価で比較的出回っているものでまずは試されることをおすすめ致します。

About sukumizu.tv 1330 Articles
Japanese fetish site 『より多くの女性にたくさんの水着を』というシンプルなコンセプトの水着フェチサイト。スクール水着、競泳水着を中心に写真集制作を行っております。ドメインがsukumizu.tvであるのにも関わらず、競泳水着が多めなのはご愛嬌。さまざまなタイプの女性と水着の共演をお楽しみください。