なぜ競泳水着・スク水は食い込むの?お尻のハミ肉が生み出す幸福領域

競泳水着・スクール水着が大好きな諸氏なら誰もが大好きだと思われる食い込み。
しっかりとおしりが収まった水着もいいけれど、ちょっとした油断で起こる食い込みにはなんとも言えない魅力があります。水着の縁からはみ出た肉はまさに絶対領域に匹敵する空間と言ってもいいでしょう。
今回はその魅力についてお話しましょう。

おとな競泳水着ナイトバナー

なぜ女性の水着の食い込みは魅力的に見えるのか

なぜ女性の水着の食い込みは魅力的に見えるのか

▲このわずかにはみ出た尻肉は、まさに幸福を感じる領域、幸福領域であると提言します。

女性の水着の食い込み姿が魅力的に見える理由はどこにあるのでしょうか。
それは普段、おしゃれや身だしなみに気を使っている女性という存在の油断が垣間見えるところにあると考えられます。

水着とは言え女性はしっかりと着こなします。しかしちょっとした動きなどで生まれた食い込みに気が付かない人も多くいる中で、それを見つけたときのラッキー感、というのは男性にとってはなんとなく感じる部分があると思います。

凛とした感じでいるのに、水着からはみ出た肉体の一部というのは女性の油断そのものであり、それが男性にとって惹きつけられやすい部分であるかもしれません。
sukumizu.tvではこの水着からはみ出たお尻のお肉「ハミ肉」を幸福領域と名付けました。どこかで使ってくれて構いません。

食い込み直しも心にグッとくるシチュエーション

食い込み直しも心にグッとくるシチュエーション

▲水着に差し込む指がわずかに浮いて見えるところに水着の薄さを感じてしまいますね。

食い込みが発生した場合、女性にとっては気持ち悪いと思うところもあり食い込みを治すような仕草をとることがあります。水着であればプールサイドなどでその場面に遭遇することがありますが、基本的には別に隠れて行うわけではないので、ふとした瞬間に目撃することがあります。

男性にとっては先述の女性にとっての油断を直して改める場面、ということになりますが、水着の脇から差し込んだ指の感触に思いを馳せたり、ほんの僅かに見える臀部に興奮を覚えることもあるでしょう。

しかし競泳水着やスクール水着にとっての食い込み直しはそれだけではなく、生地が指のラインに沿って持ち上がるところが非常にフェチ的であり、魅力的な要素であると考えます。

この気持ちはフェチの方でないとなかなか伝わらないことかもしれませんが、水着の生地の薄さに一瞬、はっと息を呑んでしまう経験をされた方は少なくないのではないでしょうか。

食い込みはなぜ起こる?知っておきたい食い込みの基礎知識

食い込みはなぜ起こる?知っておきたい食い込みの基礎知識

▲昔は体育の授業でも女子がブルマの食い込みを直す風景は普通でした。

水着でなくとも下着だったり、一昔前で言えば体育の授業で使われたブルマなんかも食い込みが発生します。
なぜ食い込みが起こるのかと言えば、歩行時やランニング、下肢を使った運動を行うことで、最初のフィットしていた状態から徐々に水着が動くからです。モデル撮影時にもポーズを変えていくたびに水着がわずかにずれ込んでいくため、食い込んでしまいます。

競泳水着やスクール水着は基本的に泳ぐために作られた水着であるため、身体を締め付ける傾向にあり、水着自体は収縮するようにできています。ちょうどバネを何もしていない状態と考えたほうがいいでしょう。

つまり収縮しようとする力と身体を動かす力や方向によって水着が歪んでしまうことによって食い込みが発生します。

例えば、水着を着ている女性がもも上げの運動を行った場合、右脚を上げると右のお尻部分が引っ張られ水着自体はタイトな状態となります。脚を下ろすといったんはタイトな状態が緩和されますが、水着の収縮する作用が働くことと、摩擦によってお尻の中ほどで水着の端が止まってしまうので、お尻が少し出てしまいます。これが食い込みの流れです。その後、左脚を上げて下げると同様のことが起こるので、左右両方のお尻が食い込んだようになります。

いったん食い込むと、今度はフィットしていた布が別の場所に移動しますが、お尻の割れ目の部分がちょうど水着の布を掴んだようになり、自分の手で直さない限りはお尻が水着を掴んだ状態となってしまいます。こうなるとお尻の割れ目部分も強調され、文字通りピッタリと食い込んだように見えてしまうのです。

競泳水着とスクール水着、どっちのほうが食い込みやすい?

競泳水着とスクール水着、どっちのほうが食い込みやすい?

▲素材と構造に違いのある競泳水着とスクール水着。食い込み方も変わってくる。

スクール水着と競泳水着で比べた場合、より食い込みやすいのは競泳水着になるでしょう。

競技、泳ぐことに特に特化している競泳水着は水着の抵抗をより減らすために非常にタイトな作りとなっており、伸縮性はあるものの、縮む方向に強い傾向にあります。
そのため身動きをするたびに水着が元の形状に戻ろうとして食い込みやすくなるということです。

一方、スクール水着は伸縮性はあるものの成長期を考えて作られているためか、基本的には伸びる方向、縮む方向どちらに対しても動きがつけられるため競泳水着ほどは食い込みません。

ただし昔ながらのスクール水着でナイロン100%などスクール水着の中でも、あまり伸びない、縮まない素材で作られたものについては、サイズによって食い込みやすくなることもあります。

サイズによる食い込みやすさ

サイズによる食い込みやすさ

▲当然サイズが小さいと食い込みやすい。こちらは通常LL着用でちょうどいいモデルさんがLサイズを着た時のお尻。

水着の食い込みはサイズによって大きく左右される部分があります。競泳水着にしろスクール水着にしろ、着用者にとってちょうどいいサイズから外れると食い込みやすい、食い込みにくいという感じになります。

例えば普段、Mサイズがちょうどフィットするという女性が、一段小さめのサイズであるSサイズを着用した場合、身体を覆う布面積が小さくなるため、胸の部分がきつく感じたり、お尻が出たりします。特に運動をしなくても食い込んでしまうような状態になっていまうということです。

逆に一段大きめのサイズであるLサイズを着用した場合には、身体を覆う布面積が広くなるため、多少の運動を行ってもお尻が食い込まないようになります。

女性にとって食い込みは不快であると考える人も少なくないので、あえてゆったり目の一つ上のサイズを着用する女性がいるのはこのためです。

人為的に生み出した食い込みは魅力半減?

人為的に生み出した食い込みは魅力半減?

▲賛否はあるものの人為的に作り出した食い込みは、自然的な要素がないように見える。

さて、グラビア画像やエロ画像でも水着の食い込み写真は非常に魅力あるものですが、わざと食い込ませる行為についてはどうでしょうか。

モデルが意図してぐっとお尻に食い込みを作る、というのは散見されますが、水着の形状が不自然な形で変わってしまうため、中途半端なTバック上になってしまうことがあります。この点は食い込みとして美しい形ということができません。やはり食い込みが自然的に生まれたものが一番だと考えます。

自然な食い込みの作り方

自然な食い込みの作り方

▲下肢に対して適度に動きのある運動をつけることで食い込みは生まれやすい。

それでは自然な食い込みをその場で見られるようにするにはどうすればいいのでしょうか。

もちろん食い込むのを待って適度に動いてもらうこともいいのですが、簡単に自然な食い込みを作ってもらったほうが手っ取り早いこともあります。

屈伸運動をしてもらう
基本中の基本としてその場で着用者(モデル)に屈伸運動をしてもらいます。1度だけだと食い込みが弱いこともありますので、モデルさんの体型と水着のサイズにもよりますが2~3度繰り返せば自然な食い込みが生まれるようになります。あまり多くの回数をやりすぎて着用者を疲れさせないようにしましょう
開脚交互屈伸運動をしてもらう
屈伸運動をしてもらう

▲なにも本気で屈伸運動をしなくとも、何度か立ちしゃがみを繰り返すだけでも良い。

こう書くととても仰々しく見えてしまいますが、ようは開脚して膝を伸ばす運動です。走る前によく膝の準備運動として様々な場面で見かけますが、交互に右脚、左脚と伸ばすことで屈伸運動にはない別軸で水着を動かすことができます。屈伸運動がY軸の動きであるならば、この運動はX軸の運動になりますが、この運動を行うことで水着の動きにも変化を与えることができます。
開脚交互屈伸運動をしてもらう

▲ランニング前に行うような脚のストレッチの要領。

片足を折りたたんで、もう片方の足を大きく伸ばす
身体全体を使って水着に変化を与える場合は、この運動が的確かな、と思っています。身体を折りたたんで、片方の脚を身体に入れるようにし、もう一方の脚を大きく伸ばします。身体全体を伸ばすことによってフィットした水着を揺り動かし、食い込みやすいお尻に表情をつけるパターンです
片脚を折りたたむポーズ

▲上記のように片脚を織り込むことで、お尻に動きをつける。

これらの運動の他にもやり方はいろいろあると思いますので、諸氏には試していただきたいところですが、この運動を行う前に食い込みやすい水着を選んでおくこと、サイズはちょうどいいものかそれ以下のものを選ぶ(ただしワンサイズ下が理想です)ようにしておくことが大切です。

食い込みが魅力的なポーズ3選

食い込みはどのポーズでも魅力的と思えるかもしれませんが、個人的に非常に魅力のあるポーズを選んでみました。

直立不動

直立不動

▲ぴったり手のひらをつけた静的なポーズに、はみ出た尻肉のアンバランスはまさに至高。

直立不動はごく一般的なポーズで、特に味気ないプレーンなポーズですが、この状態での食い込みというのはストーリー性を感じます。微動だにしないポーズであるにもかかわらず、一部の水着の変化によってはみ出たお尻というのは「それまでになにか運動していたのかな?」とか「水着のサイズが合っていないのかな?」という発想が生まれます。

うつ伏せ

うつ伏せ

▲リラックスしやすいうつ伏せは、精神的なものも含めてあらゆる物を開放してくれる。食い込みも然りだ。

こちらも何気ないポーズではありますが、リラックスしたうつ伏せの女性の食い込みは、直立不動の状態と同様、ストーリーを感じます。下着であればそれが考えやすい、というのはありますが、水着においても油断した女性というアイコン的なものが食い込みを通して表れているようにも見え、いろいろ考えさせられます。

片脚を折りたたむポーズ

片脚を折りたたむポーズ

▲伸ばした片脚側から見ると圧巻のお尻とはみ出たお肉がダイナミックに楽しめる。

うつ伏せの状態でどちらかの脚を折りたたみ、もう片方の脚を大きく伸ばしたようなポーズがあります。

リラックスしていると言うよりは背中を伸ばすような格好にもなりますが、この時の食い込みにも目を見張るものがあります。

通常は取らないポーズであるという新鮮さと、脚側から見た時のダイナミックな脚の伸びとお尻がベストマッチ!普段の女性の仕草とは違った魅力が楽しめます。

水着はお尻だけでなく前も食い込む?

水着はお尻だけでなく前も食い込む?

▲このように女性器によって前側が食い込むこともある。

レジャー水着ではほとんど見られない食い込みですが、実は競泳水着・スクール水着は前も食い込みます。
前も食い込むというのはつまり女性器部分が食い込むということです。

お尻と同様、女性器は膣の入口の部分の肉で挟み込まれるようになっていますが、お尻の食い込みのメカニズムと同様の仕組みで食い込みが起こります。

サイズが大きな水着だとなかなか見ることはできませんが、ぴったりフィットした水着か、それよりも小さな水着を着用した場合、前側の食い込みが起こりやすくなります。

レジャー水着でほとんど見られないのは生地の厚みによるもので、生地の薄い競泳水着では特に発生しやすい食い込みです。たいていの競泳水着やスクール水着にはクロッチがついていますが、薄い生地が引っ張られるようにして食い込みが起こるので、女性にとっては油断できない部分になります。

まとめ:ぴっちり競泳水着&スクール水着は食い込みやすい

以上のようにパンツやブルマなどと同様、どんなものであってもお尻の部分は動きをつけることにより食い込みが発生しますが、スクール水着や競泳水着は特に食い込みが起こりやすいと考えたほうがいいでしょう。改めてになりますが、女性にとっては注意したいポイントです。

しかしフェチの観点から見れば、これもご褒美的な要素をはらんでいますので、もし女性のモデルさんなどに着用してもらった場合には、こうした食い込みも楽しめる要素の一つとなります。冒頭付近で申し上げた水着の縁からはみ出たお尻のお肉「幸福領域」の魅力を読者の皆様には伝導してもらいたいと考えております。
その際はぜひ自然な食い込みを作るように心がけてみてください。

sukumizu.tvでは食い込み画像もある写真集を販売しております!

もっと食い込み画像を楽しんでみたい!という方はぜひsukumizu.tvのデジタル写真集をお求めくださいませ。
sukumizu.tv提言のお尻のハミ肉「幸福領域」も多数収録し、様々な水着を着用したモデルさんの食い込み画像がご覧いただけます。
気になった方はこちらからサンプル画像などをお楽しみいただければと思います。

写真集紹介ページアイキャッチ画像

もっとたくさんの競泳水着・スク水を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」

作品総数250タイトル、モデル50名超えの一つのウェブサイトとして大ボリュームでお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は水着フェチな皆様からご好評いただいております!一般的なサイトではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着ショットが満載です。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
またモデルもスレンダーからぽっちゃり体型、背の高さに至るまで、様々な身体をお持ちの女性に着せることで水着がどう変化していくのかということにもこだわっております!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

sukumizu.tvオリジナル水着写真集好評発売中です!
おすすめの記事