海外にスク水って概念はあるの?水泳教育から見る外国のスクール水着事情

海外にスク水って概念はあるの?水泳教育から見る外国のスクール水着事情

日本では当たり前のように行われてきた中高学校の水泳の授業。夏ともなれば体育に必ずと言っていいほど水泳の授業があった、という人も少なくないのではないでしょうか。
ここ近年においては水泳の授業の際に発生する事故や設備の老朽化などの関係から、水泳の授業が20世紀の頃と比べると減少傾向にあるといいます。
ところでそんな水泳の授業に使われる水着、スクール水着は海外でも使われていたりするものでしょうか?今回は水泳教育から見る海外のスクール水着事情について調べてみました。

いきなり結論「海外ではスクール水着と呼ぶ概念がない」

いきなり結論「海外ではスクール水着と呼ぶ概念がない」
▲日本ではスクール水着の形状にすら名前をつけているが、海外ではそもそもスクール水着という区分けすらない

まず結論から入りますが日本と違って海外では「スクール水着」というもの自体は存在しません。
なんともビックリな話かもしれませんが、水泳の授業のときに見るような旧スクタイプのスクール水着や競泳スク水のようなものがない、という話ではなく、あくまで「スクール水着という概念が存在しない」ということです。
これはどういうことでしょうか。

海外でも水泳の授業はあるが・・・

海外ではスクール水着という概念がないと言っても、水泳を教える環境がない、というわけではありません。
それぞれの国にもよりますが、児童に対して水泳の授業を行っている学校もあります。しかし残念ながら、日本ほど水泳教育に力を入れている国は他になく、泳ぎは親から教えてもらうもの、といった国もあるくらいです。
この点は、日本ほど水泳教育に力を入れていない国のほうが当たり前であり、学校の設備にプールがないなんてことは珍しいことではありません。
そのため海外では日本ほど水泳の授業が行われていないという実態があります。

設備以外の問題もある

特にアメリカでは学校の設備に投資できる資金の関係上、プールを作るなんてことは稀なんだそうです。作ってしまえばいくらでも授業ができるじゃないか、とも考えますが、そこは訴訟天国のアメリカ。もし水泳の授業を行うとなると、水泳専門のインストラクターを揃え、事故には細心の注意を払わなければなりません(事故に注意を払うことは日本でも当然ですが)。
設備以外にも法的な側面で必要となるものが多く、そもそも水泳の授業を行うような体制ではない、ということが伺えます。
資金が潤沢な私立の学校であればプールを兼ね備えた教育施設があるものの、公立の学校ではプールがないこともザラだとか。そんな背景もあって日本ほど水泳の教育に力を入れることが困難という側面もあるようです。

水泳の授業が重要視されていないからスク水という概念がない

アメリカ以外の国でも設備の関係などで水泳の授業が行われることは、そんなに多くないということもあり、同様に学校教育のための水着を購入する、製造するという部分で概念がないそうです。
もし授業を行うときは、なんでもいいからワンピース型の水着を着てもらうか、ワンピース型で色が紺色だったらなんでもいい、というのが海外では一般的です。
ということで、海外ではスクール水着という概念がない、ということになっています。
そのため、たとえ日本から旧スク水を持っていこうが、グラビア雑誌で名を馳せたスクール水着「ARN-75W」を持っていこうが、形状としてワンピース水着ということは共通認識としてあるものの、海外ではただの水着、という認識でしかないということです。

海外ではスクール水着のことをなんていうの?

海外ではスクール水着のことをなんていうの?
▲だいたい海外では競泳水着であれスクール水着であれ「swimsuit」が一般的なようだ。

さて、海外ではスクール水着の概念がないと言いましたが、海外でスクール水着を説明する際に適切な言葉や単語はあるのでしょうか。

こちらのサイトによりますと「sukumizu」として紹介されています。
これを見る限りでは日本のアキバカルチャーの流れで生まれた和製スラングがそのまま海外でも使われているようです。

説明を読んでいても「日本の学校において水泳の授業で使われる水着のこと」というような意味合いで説明されています。この点から察するに、日本ではスクール水着が当たり前であるのにもかかわらず、海外ではスクール水着という発想がないため、半ばジョークのように取り上げられている側面があるようです。

ちなみにスラングではなく、真面目に解説する際には「School swimsuits」と呼ぶそうですが、おそらくかなりレアな呼び方なのではないでしょうか。英語圏においては競泳水着も「swimsuits」と呼ぶので、かなり仰々しい読み方なのかもしれません。

まとめ:海外ではスクール水着を日本特有のコスチュームとして捉えている

以上のことから、海外ではスクール水着を日本のコスプレアイテム、言うなれば着物や浴衣のような日本独特の文化が生んだ衣装として考えられている側面があるようです。
その証左としては、海外でスクール水着という概念が非常に薄いか、ないということ。それに加えアキバカルチャーのようなスラングで用語が賄われているという文化的側面があるからと考えます。
ごく一部では外国人の地下アイドルがスクール水着を着用してイメージビデオに映っていることなどありますが、海外でもスクール水着のようなものが当たり前になると楽しいかもしれませんね。

About sukumizu.tv 1216 Articles
Japanese fetish site 『より多くの女性にたくさんの水着を』というシンプルなコンセプトの水着フェチサイト。スクール水着、競泳水着を中心に写真集制作を行っております。ドメインがsukumizu.tvであるのにも関わらず、競泳水着が多めなのはご愛嬌。さまざまなタイプの女性と水着の共演をお楽しみください。