太めでもOK?ぽっちゃり女子の競泳水着姿はこんなに魅力的!

競泳水着を着用する女性といえば、一般的には競泳選手、あるいは日頃から水泳をトレーニングとして取り入れているような肩幅のある全身が筋肉質の女性を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ここ数年で見れば、競泳水着を着用するコスプレイヤーやモデルが増えたことを皮切りに、いろんな体型をした女性の競泳水着姿を見ることができるようになりました。
その中にはスレンダー体型の人もいれば、ぽっちゃり体型の女子もいます。
今回はその中でもぽっちゃり体型女子の競泳水着姿の魅力について説明いたします。

そもそもぽっちゃり女子の競泳水着姿はOK?

そもそもぽっちゃり女子の競泳水着姿はOK?

▲ぽっちゃり目な女の子であっても競泳水着姿は正義!

結論からいえばぽっちゃり女子の競泳水着はなんら問題ないと考えます。
もちろん「ちゃんと鍛えている体型にこそ競泳水着が似合う」とか「太めの女の子が着ていることに違和感を感じる」といった意見があるのは確かです。
ですが、それは人の一つの意見に過ぎず、そもそも着ていはいけない、などというルールは存在しません。
ことさらフェチの世界においては、細めの体型でも太めの体型でも、競泳水着が入るのであれば何ら問題はないのではないでしょうか。
2015年頃に世界的な問題として考えられるようになったパリコレなどの「モデルが細すぎる問題」では、あまりにも痩せ過ぎているモデルの起用は健康問題から人権問題まで考えられるきっかけとなりました。
私達は一個人としての好みを発言する権利はありますが、好みの体型を他人に強く求めたり、あたかも体型への考え方が全てであるかのような考えをもったりするようなことは、人類社会にとって有益とは考えられません。
私達はどんな体型であれ、それを個人の特徴として認識し、リスペクトを持って寛容になることが大事なのではないかと思います。
フェチ的な視点に立ち返れば、太っている女性であっても、その競泳水着姿はとても魅力的であり、他の体型のモデルにはない、人としての本質がそこにあるのではないかと考えます。

ぽっちゃり女子の競泳水着姿、ここが魅力的

少々、話が大げさになってしまいましたが、つまるところ「ぽっちゃり太め女子でも競泳水着姿は魅力的だよ!」ということを言いたいだけなので、ここではそれ以上のことは求めません。
早速、ぽっちゃり女子の競泳水着姿にはどういった魅力があるのかを見ていきましょう。

水着から溢れる肉感

競泳水着からこぼれる肉体

▲ぽっちゃり女子の競泳水着姿は、ハミ尻だけでなく、背中の肉、いろんな肉が目白押し。

なんといっても一番の魅力は、はちきれんばかりの競泳水着からこぼれる肉感ではないでしょうか。
肩に食い込む水着のストラップ部、はみ出そうな(あるいははみ出た)臀部。脇の下も肉が乗っていてジューシーさを感じることができます。
競泳水着は、その水着が持つ機能の特性上、身体を締め付けるようにできていることが一般的です。
締め付けられてなお外に飛び出そうとする肉体は躍動感に溢れ、肉体の存在感をしっかりと感じることのできる姿なのではないかと考えます。

水着によって浮かび上がるシルエット

競泳水着の三段腹姿

▲ぽっちゃり女性が身体にピッタリとフィットする競泳水着を着用するとお腹はこんな感じになる。

競泳水着は身体を締め付ける衣装であるからこそ、身体のラインを浮かび上がらせます。
無論、ぽっちゃり目な女性であれば、それが如実に現れるというもの。
胸部、臀部もそうですが、身体を折ったときに出るお腹のラインもしっかりと水着によって表現されます。
ネガティブな言葉になりますが、いわゆる三段腹とか、そういった言い方をするお腹ですが、肌ではなく水着によってそれが表現されるというのは、他の衣装ではなかなか見られないフェチ的な情景ではないでしょうか。

みっちりと詰まった下腹部

みっちりと詰まった下腹部

▲下腹部が腹部部分と差がわかるほど影ができているのがわかるだろうか。太ももも詰まってみっちりな下腹部である。

水着によって覆われた下腹部は他の体型の女性と比べて、むっちり山のように盛り上がったように見えます。
女性の象徴に近く、この部分に興奮を覚える人も少なくないかもしれませんが、水着に覆われたこの部分と、脚の付け根、太ももを締めた状態だと一部のスキもない、むっちりとした肉に覆われる絵になります。
一部の人は「この部分に顔をうずめたい!」とか、考える人もいるでしょう。
溢れる肉は下腹部にあり、と思っておりますが、競泳水着のハイレグによって強調された女性らしい構造と肉感がまざってなんとも言えない至福の情景が生まれます。

恥じらう姿も魅力的

着用に慣れている女性であればそんなことはないかもしれませんが、普段、そんなぴっちりするような水着やハイレグの衣装を身に着けない女性だと、つい恥ずかしい気持ちになってしまうことも少なくありません。
とても恥ずかしい格好をさせられていることに恥じらいを覚えて小さく丸まってしまう姿に興奮を覚えてしまう人もいるのではないでしょうか。
これはすべてに当てはまるわけではありませんし、競泳水着フェチの本質からは少し外れたところにある話かもしれませんが、精神的な情景としてぽっちゃり女子の競泳水着姿に加えられるエッセンスとして捉える人もいると思います。

ぽっちゃり女子の競泳水着サイズの選び方

さて、ぽっちゃり女子の競泳水着姿の魅力について語ってきましたが「自分でも着用してみたい!」と思った女性の方や、パートナーや推しのぽっちゃりモデルに着てもらいたい!と思った人もいるかもしれません。
そんな方にぽっちゃり女子の競泳水着の選び方について、少し解説いたします。

具体的にはこちらの記事にも書いているので、詳細は以下記事を参照してみてください。

ポイントとしては1サイズ、あるいは2サイズ上のものを選ぶことが重要です。
競泳水着は身長とバスト、ヒップから標準的な体型によってサイズが考えられて作られています。
生地自体は横縦に伸びるものの、締め付ける傾向にあるため、この点で言えば身長だけで水着のサイズを選ぶのは、あまり得策ではありません。
そしてぽっちゃり目の女子でなくとも、水着の着用を困難にするのは太ももから臀部にかけての部分です。
この部分の大きさによって、途中でつかえて水着が入らない、という人も少なくありません(実際には標準体型の女性であってもよくある話です)
この点を踏まえて、1サイズか2サイズ上のものを狙って調整していくことがベターです。

水着は誰でも着ることができるものだからぽっちゃりでもOK

先述のとおり、競泳水着は体型に合うサイズがある限り、誰でも着られるものです。
サイズがなければ着用することができないため、その場合は残念ですが、逆説的に言えば、入るサイズがあるならば誰でも着用していいということになります。
太めの女性が競泳水着を着用することを敬遠する人がいるということは事実ですが、それは決して魅力的でないということにはなりません。
フェチ的な目線で見れば、やはり魅力に感じるという人もいますし、個人的にはそうした人にもどんどん競泳水着を着用してもらいたいと思っています。

 
もっと競泳水着・スク水姿の女の子を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」
作品総数述訳400タイトル、モデル約70名(2020年3月現在)でお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は水着フェチな多くの方からご好評いただいております!一般的なサイトではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着ショットが満載です。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
またモデルもスレンダーからぽっちゃり体型、背の高さに至るまで、様々な女性に着せることで水着がどう変化していくのかということにもこだわっております!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう