【Stable Diffusion】競泳水着の女の子グラビアを生成する呪文(プロンプト)
広告
DiTAH DiT-0302EN PCバナー広告
この記事のフェチ度指数と方向性
3.5

  • フェチ中級者~上級者
  • AIを使って競泳水着のフェティッシュな画像生成をしてみたい方
  • フェチコンテンツを追求したい方向け

弊サイトのようなサイトを普段からご覧頂いている方の中で、AI画像生成を使い始めたという方もいらっしゃると思います。
どのようなサービスを使っているかにもよりますが、特に初心者の方にとっては思ったよりも難しいと感じた人は少なくないのではないでしょうか。
今回はその中でも弊サイトならではということで、Stable Diffusionを用いて競泳水着姿の女の子グラビアを生成するときにプロンプトをヒントとして紹介いたします。

ポイント1:水着本体に使用したいプロンプト

Stable Diffusionで競泳水着に関するプロンプトで生成したグラビア画像比較
▲競泳水着に関するプロンプトで生成した場合でも、左のようにモノキニのような水着になってしまうこともあるので、コントロールが必要となる。

当然といえば当然ですが、競泳水着は水着であるため使用するプロンプトも水着に因んだものが中心となります。
下記に記しているものは筆者が試してみて一定の効果が得られやすいと感じたものを並べています。

high-leg swimsuit

これまで試してみたところ高確率で競泳水着っぽくなると言う意味では強力なプロンプトだと思います。場合によっては括弧で囲み重み付けをしてコントロールしてみるのもいいでしょう。

competition swimsuit

競泳水着を英語にするとこう呼ばれることもあるそうです。こちらはスパッツ型や全身タイプのようなものも含まれるので、ハイレグ志向の方にとっては思った通りの結果が得られないこともあります。必要に応じて重み付けをしてあげるか、他のプロンプトと併用したほうがいいかもしれません。

swimuit

これは当然入ってきそうなプロンプトになりますが注意したいのはビキニであっても水着ということです。
単体で使うよりは要素を強めるために補助的に使うほうがいいかもしれません。

one piece swimsuit

ワンピース水着、ということになりますが、上記のcompetitionswimsuitなどで思うような結果が得られない場合に補助的に使用します。例えば同じハイレグ水着や競泳水着であったとしても脇の部分が空いたようなモノキニになったり、胸の部分が空いたようなプランジングと呼ばれるタイプの水着が生成されることがあります。それを100%カバーできるわけではありませんが、おまじないとして入れることもあります。

ポイント2:競泳水着姿のグラビアに一手間加えたいプロンプト

競泳水着姿のグラビアで加えたい要素
▲濡れた質感や水滴なども表現することができる(この画像は少しやりすぎてしまったため若干崩れている)

せっかくAIで表現するのだから、もう少し効果的なものが狙えそうなプロンプトを紹介します。

sweat

日本語に訳すと「汗」ということになります。汗をかいたような肌感を演出するときにも使うと思いますが、水滴で濡れたように見せることもできます。重み付けによって適度な表現が出るように調整するといいかもしれません。筆者の場合は1~1.3あたりで調整しています。

moist

日本語に訳すと「しっとりとした」という意味です。肌はもちろんのこと水着自体も濡れたような質感を得ることもあります(他のプロンプト構成による)

small breast

胸の大きさです。smallということなのでこのプロンプトだと小さな胸、になります。これは画像を生成する人の好みや表現したいものの話になってしまいますが、競泳水着を着用すると普通は胸が潰れてしまうものなのでバランスを見て小さいものにしたほうがリアリティが出るかなと思っています。
もちろん大きくしたい場合はsmallをbigなどに変更すればいいでしょう。細かな部分は重み付けでコントロールしましょう。

ポイント3:とりあえすぐっと競泳水着要素に寄せたい場合はLoRAを使用する

LoRAを使用したグラビア画像の一例
▲LoRAは「競泳水着」のようなものがあったり、背景画像、モデルそのものに対するものもあったりする。

LoRAとはStable Diffusionで画像を生成する上で強力な助っ人のような拡張機能のことで、学習させるにあたっての「教材」「教科書」的な立ち位置になります。
つまり教材(≒お手本)があることで、AIに対して円滑に教育を行い目的の画像生成を助けてくれるというものです。

 LoRAは非常に優秀ではありますが強力な存在です。お手本であるがゆえにこちらを優先して画像生成をする傾向が強いです。また他のプロンプトやLoRA、LyCORISとの相性があるため、矛盾をはらむような要素を組み合わせることは不向きのように思います。最悪の場合、生成した画像に致命的な崩れが出ることもあります。
Clothing_Kyosui(LoRA)

競泳水着を集めた衣装LoRAになります。

使用する際のポイントはダウンロードできるサイトでも説明がありますが、

  • サンプリングはDPM++ 2M KarrasまたはDPM++ SDE Karras
  • ステップ数は18(20でもいけそうな気がしますが)

ということは守ったほうが無難かもしれません。

プロンプトや拡張機能を使いこなせば理想のグラビア画像も夢ではない

このように競泳水着姿の女の子を描いていくに当たって、プロンプトや拡張機能を使いこなせばStable Diffusionで実現できることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
とはいえAIの教育を含め、試行錯誤を繰り返して作っていくことになると思います。
この記事で紹介したプロンプトなどを中心に理想の一枚を作ってみてはいかがでしょうか。

もっと競泳水着・スク水姿の女の子を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」
作品総数1000タイトル以上、モデル約140名(2024年4月現在)でお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は世界中の方からご好評いただいております!一般的なメディアではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着、ぴったりフェティッシュな衣装のショットが満載。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

フェティッシュ情報満載!Twitterフォローをお願いします!

水着画像から最新の写真集情報、フェチコラムまで

Twitterでsukumizu.tvをフォローしてください!