【画像あり】陰毛フェチ必見!ハイレグ水着のハミ毛と陰毛好きになってしまう理由
広告
ぴたけっと3PCバナー

競泳水着などのハイレグ色の強い水着を撮影している中で、多くのモデルさんは陰毛の処理をしっかりされている方がほとんどという印象を受けます。
水着からはみ出さないように形を整えるだけでなく、モデル活動をされているということから処理が面倒ということでパイパンにされていたり、永久脱毛の施術を受けている方もいらっしゃいます。
短い毛などははみ出すだけでなく、水着を突き抜けてはみ出してしまうこともあるので、そうしている人もいるのでしょう。
反面、男性諸氏においては陰毛がないという人がいる中、陰毛自体に愛着が湧く方もいらっしゃいます。
いわゆる陰毛フェチというものです。

競泳水着やコスチュームタイプの水着に見られがちな超ハイレグタイプの水着との関係性、文脈で話せば「ハミ毛」というところに関係性があります。
今回は陰毛フェチという側面から見たハミ毛について解説いたします。

そもそも女性にとってはハミ毛は恥ずかしい

ハミ毛は普通の人にとっては「見苦しい」とか「汚いもの」として捉えられてしまう側面がありますが、陰毛フェチの人にとっては日常はもちろんエッチなコンテンツにおいてもなかなか見かけることのできないシーンだと思います。
冒頭の通り、女性は陰毛自体を恥ずかしいとは思わないまでもハミ毛についてはやはり恥ずかしいと思う人のほうが一般的であるため、競泳水着などのハイレグ水着を着用したときには水着からはみ出ないように細心の注意をはらうものです。

陰毛フェチが期待するハイレグ水着からのハミ毛のパターン

それでも陰毛フェチの人にとってハイレグ水着に期待することといえば、やはり水着からのハミ毛ではないでしょうか。
股ぐりの高いハイレグタイプの競泳水着やコスチュームは鼠径部を露わにしがちのものであるため、毛の生え方によってははみ出してしまうことがあります。
未処理だった場合には、そもそもはみ出すどころか毛の生えている部分をカバーできないこともしばしばです。
陰毛フェチにとってはこのあたりの好みは嗜好性に出るため、人によって好みは分かれるところですが、それでも興奮できる材料であるということができます。
これを読んでいるあなたもそうかもしれませんが、陰毛フェチを形成する一つの理由として「女性の無防備さ」

水着の脇から少しはみ出しているパターン

ハイレグ水着からわずかにはみ出した陰毛の例
▲よくあるパターンとしてはこのようなハイレグ水着を着用した際にわずかに陰毛がはみ出すパターン。

一番、よくあるものとすれば処理の甘さからか水着の隅から陰毛がはみ出しているパターンです。
家の処理はしっかりしていたけれど、思ったよりもハイレグだったため水着の脇から毛がはみ出してしまう状況は見た目に完璧で痛い女性の精神とは裏腹に油断したものを思い起こさせ、陰毛フェチにとっては思わず着目してしまうものではないでしょうか。
なおこのときの女性は自分自身で気がついていないことも多く、仕事での撮影シーンならいざ知らず、趣味の撮影やレクリエーション等の場面で指摘するのは少しはばかられてしまいます。

がっつりはみ出しているパターン

超ハイレグレオタードによって陰毛が隠しきれていない例
▲このようなタイプの衣装の場合は、そもそも陰毛部分が隠しきれず、陰毛が大きく露出してしまう。

こちらはほとんど見かけることはないと思いますが、ハイレグ具合が超ハイレグだったり、あるいは元々陰毛の処理をほとんどしていないことから毛の生えている部分が露出してしまっているパターンです。
ここまで来ると、ハミ毛を目的とした撮影や、そういった恥ずかしい思いに慣れている方でない限り、水着の着用をためらってしまうことがほとんどです。
しかしながら、フェチ要素をはらんだ撮影ではあえてこうした撮影も行うことがあるため、日常では見ることのできないシーンを楽しむことができます。

sukumizu.tv制作の「週刊ぴたフェチ」でハミ毛している画像が収録されている作品一覧

通常通りの水着着用シーン、ポーズにおいてモデルがハミ毛している画像が一部含まれているものの一覧になります。

陰毛フェチにはどういった背景がある?

マイクロビキニからはみ出した陰毛
▲陰毛フェチ、陰毛に魅力を感じてしまう背景を見てみると、意外なほど深いものがある。

ここからは身体の一部分である陰毛に愛着がわいてしまう、性的指向を持つに至るにはどのような理由があるのかについて解説します。
いくつかのセグメントに分けた背景を見ていきましょう。

生物学的な背景

陰毛は第二次性徴期に現れる身体の特徴の一つであり、性的成熟の象徴とされています。
このため、陰毛は性成熟を示すシグナルとして、性的魅力を感じる一因となることがあります。
進化心理学の観点から見ても、性的に成熟したパートナーを選ぶことは繁殖成功に直結するため、陰毛への興味が進化的に強化されている可能性があります。

歴史・文化的な背景

文化や時代によって美意識や性的嗜好は変化します。
ある文化やサブカルチャーにおいて、陰毛が性的に魅力的とされる場合、その文化的影響を受けた人々は陰毛に対するフェチを持つことが多くなります。
その文化は古代にまで遡り、古代の多くの文化では陰毛が女性の魅力の一部とされていました。
例えば古代エジプトでは絵画や彫刻において露骨な性的描写が描かれていますが、トゥイ・トゥリのオストラコン、ラーのオストラコンでは陰毛が明確に描かれており、性的成熟や魅力の象徴として描かれています。
この他、ギリシャ、ローマ、日本、ヨーロッパにおいても同様の傾向が見られることから、歴史的にも陰毛は性的魅力の象徴として描かれています。
現代においても、一部のアートやメディアで陰毛が強調されることで、陰毛への嗜好が形成されることがあります。

個人的な経験則(トラウマ)や記憶的な背景

幼少期のときに受けた性的なトラウマや経験。あるいは性的でなくともそれに親しいものを経験したことで陰毛に対する愛着が心の根底に残ることもあります。
この経験は性的嗜好は個人の経験や記憶に深く影響されます。
初めての性的体験や、性的興奮を感じたシチュエーションが陰毛に関連していた場合、その経験がフェチの形成に寄与することがあります。心理学の観点からは、特定の刺激と性的興奮が条件付けられることにより、陰毛へのフェチが発展することがあります。

多様性という視点での対比とユニークさ

新鮮さや多くの女性と関係を持ちたいと思う人にもこの傾向はあるようです。
陰毛は個々人によって異なる特徴を持っており、その多様性がフェチを持つ人にとって特別な魅力となることがあります。形状、密度、色などが人それぞれ異なるため、パートナーごとに新鮮な刺激を感じることができ、これが陰毛フェチを持つ理由の一つとなります。

タブーと禁忌の魅力

男性は女性に対して神秘的なものを求める傾向もあるため、タブーや禁忌といったことに対して強い衝動を覚えることがあります。
社会的にタブーとされるものや禁忌に対する興味は、人間の心理において強力な魅力を持つことがあります。陰毛はしばしばプライベートな部分として隠されるため、それに対する好奇心や興奮が生じやすくなります。この禁忌に対する魅力が、陰毛フェチを持つ理由の一つとなり得ます。

以上のように、陰毛フェチが存在する理由は多岐にわたります。
生物学的な要因、文化的背景、個人的な経験、独自性、そして禁忌の魅力が複雑に絡み合い、個々人の性的嗜好が形成されます。
これらの要因が相互に作用することで、一部の男性が女性の陰毛に対して特別な興味を抱くことになると考えられます。

どんな人が陰毛フェチになりやすい?

次にどんなタイプの人が陰毛好き、陰毛フェチになりやすいかを解説します。
ただしこれは一例であり、必ずしもすべての人に当てはまるというわけではありません。

オープンマインドな性格

オープンマインドな性格の男性は、新しい経験や異なる視点に対して柔軟であり、一般的な性的嗜好の枠を超えた興味を持ちやすいです。このような男性は、一般的にタブー視されるものや、社会的にあまり話題にされない性的特徴にも魅力を見出すことがあります。陰毛に対するフェチも、その一環として発展することが考えられます。

個人的な経験による影響

性的嗜好はしばしば初期の性的経験に強く影響されます。例えば、初めての性的な興奮や経験が陰毛に関連していた場合、その記憶が強く残り、後にフェチとして定着することがあります。個人的な経験がその人の性的嗜好に大きく影響するため、初期の性的経験が陰毛に関係している場合、フェチが発展しやすいです。

ノスタルジアや過去の影響

一部の男性は、過去の時代や古い文化に対してノスタルジックな感情を抱くことがあります。例えば、1970年代や1980年代のポルノグラフィーやファッションに影響を受けた場合、その時代の美的感覚が陰毛フェチとして現れることがあります。過去のスタイルや慣習に魅了されることで、陰毛への嗜好が強まることがあります。

視覚的・感覚的な刺激への敏感さ

視覚や感覚に対して特に敏感な男性は、陰毛のテクスチャーや見た目に対して強い魅力を感じることがあります。陰毛の形状や質感が視覚的に新鮮で刺激的に感じられるため、その感覚に魅了され、フェチとして定着することがあるのです。視覚や触覚に対する敏感さが、特定の性的嗜好を形成する一因となります。

性的タブーへの興味

社会的にタブーとされるものや禁忌に対する興味は、性的嗜好に強く影響します。陰毛はしばしばプライベートな部分として扱われ、あまり公にされることがないため、そのタブー性に引かれる男性がいます。この禁忌に対する興味が、陰毛フェチとして現れることが考えられます。

異文化への興味

異なる文化に対する興味や尊敬の念を持つ男性は、その文化の美的感覚や性的観念に影響されることがあります。例えば、ある文化では陰毛が美徳や性的魅力の象徴とされる場合、その文化に影響を受けた男性は陰毛フェチを持ちやすいです。異文化への興味が性的嗜好にも影響を与えることがあります。

これらのパターンは、陰毛フェチを持つ男性の傾向を示すものであり、それぞれの理由が複合的に作用して、個々人の性的嗜好が形成されます。これらの背景を理解することで、陰毛フェチの持つ意味やその形成過程について深く考えることができます。

意外なことに陰毛に対する性的魅力の背景は人間的なものだった

上記の陰毛が好きになってしまう背景や人物像などを見てみると、実はかなり自然なことでありその歴史も深いものであるということがわかりました。
一般的には陰毛だけにフォーカスして好きと言ってしまうと変態的な感じに聞こえてしまうかもしれませんが、そのメカニズムはむしろ健全なのではないかと思うくらいの理由がありました。
女性からすれば忌避したいところかもしれませんが、男性から見た場合は水着からはみ出してしまった陰毛に興奮を覚えるのも無理のない話なのかもしれません。

もっと競泳水着・スク水姿の女の子を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」
作品総数1000タイトル以上、モデル約140名(2024年4月現在)でお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は世界中の方からご好評いただいております!一般的なメディアではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着、ぴったりフェティッシュな衣装のショットが満載。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

フェティッシュ情報満載!Twitterフォローをお願いします!

水着画像から最新の写真集情報、フェチコラムまで

Twitterでsukumizu.tvをフォローしてください!