【画像つき】エロい感じからフェチ的なものまで!女の子の競泳水着姿ポーズ32選

今さらのようですが、sukumizu.tvは水着フェチサイトを専門として運営していますので、いわゆる男優とのカラミがあるようなシーンの撮影は一切行っておりません。
となるとどういった水着を使うか、という点が大事になってくるのですが、フェチ的な見方をすれば、どういったポーズを撮影するか、という点も重要な要素の一つになります。よりフェティッシュな体型とはどんなものかを追求したいという点から生まれる発想かもしれません。

さて、一口に競泳水着フェチと言ったとしても、好みの水着はもちろん、ポーズだって「自分はこの角度が好き」「このポーズだと股間に来る」といったことも人によって嗜好が分かれます。
同じポーズでも「この角度から見てみたい」というのは人それぞれで、写真集などを見ていても「このポーズだったら後ろから見てみたいなあ」ということもあるのではないでしょうか。
グラビア画像や雑誌などを眺めていても「もう少しこの向きから見てみたい!」「この水着を着ているときはこういうポーズをさせてみたい」という願望も生まれやすいものです。
ポーズによって掻き立てられるイメージや脳内の妄想も膨らみますが、改めてどんな競泳水着を着用したときのポーズにはどんなものがあるのだろうということで考えてみることにしました。



立ちポーズ

オーソドックス中のオーソドックスである立ちポーズについて見ていきましょう。

1.直立

競泳水着で直立不動のポーズ

Doll

直立というのはまっすぐに立つということであり、人の持つ基本動作の中でも最初に思い浮かぶポーズになります。
アイコンや標識などでも人を示すものとして一番描かれているポーズがこの直立ではないかと思いますが、実際にこういったポーズを見かけることはあまりないのではないでしょうか。
リラックスしている状態とも言えませんし、かと言ってそんなに小難しい姿勢でないにもかかわらず珍しいのは、特別な場面でない限りとることのないポーズだからです。
そのためかえって珍しく見え、水着を着たときにはその魅力が100%伝わるポーズなのではないかと思います。ちなみに直立不動、という言葉はかかとをつけて立ち、動かない様を表すものですが、まさに人間マネキン。フェチの真髄がこの直立にあるのではないかと考えます。

その理由は微動だにしないという点で、あらゆる可能性を妄想することができ、モデルにもよりますが股間部分のあの隙間こそが女性の象徴を如実に表しているとも言え、究極のポーズだと思っております。
見る角度は前から見るも後ろから見るも、下から見てもいいという全天候型ポーズとも言えるでしょう。

2.立って腕を上げる

立って腕を上げるポーズ

Doll

立って腕を上げるポーズはグラビア画像などでも比較的、想像のしやすい部類のポーズだと思います。
フェチ要素としては脇が見える、という点にありますが、脚で表情を作ることにより動きがより大胆に、しかしバランスよく見えるようになるのもこのポーズの魅力だと考えます。
水着を着た時の躍動感が伝わりやすい点もすばらしいですね。

3.振り返り

競泳水着で振り返りのポーズ

Doll

立ちポーズの中ではこちらもオーソドックスな部類に入ります。
単純な後ろ姿というわけではなく、振り返ることによって顔の表情とお尻が楽しめる、というお得感のあるポーズですが、基本的に振り返る際に脚でバランスをとろうとするため、下半身にも表情が生まれ、スラッとしたイメージを出すことができる姿勢でもあります。
また女性特有のウエストからヒップにかけてのラインもきれいに出るので、くびれ好きにとってもたまらないポーズになるのではないでしょうか。

4.がに股

競泳水着でガニ股

Doll

普通のグラビアで考えればガニ股ポーズがとられることはないのではないでしょうか。
そういった意味かどうかは不明ですが、個人撮影会などでがに股ポーズを依頼されるモデルさんが少なくないそうです。先日の撮影のときにもモデルさんから「よくがに股をやってほしいと言われるんですよね」とお話いただいたことから、
男性の考える夢見るポーズであるのかもしれません。
ただモデルさんによっては依頼できないポーズの可能性もあるので、自分が撮影する際はしっかりとモデルさんに確認するようにしてくださいね。

5.雛ポーズ

競泳水着で雛ポーズ

Doll

グラビア界では伝説のポーズとして言われているらしい雛ポーズ。名前の由来はグラビアアイドルとして活躍していた雛形あきこさんの「雛」からとられたものです。
こう聞くとまるで彼女が考案したかのようなポーズにも聞こえますが、ポーズを取ることが大の苦手だった彼女はカメラマンから「立ったり座ったりを繰り返して」という指示のもと撮影を行ったところ偶然撮れたショットがこの雛ポーズと言われています。
事務所の社長から顔と胸が強調されるポーズで魅力的に見えたことから採用されたそうですが、偶然生まれたポーズ、というのは面白い話ですね。
基本的には前かがみになって顔を強調した際に、胸も存在感の出る構図になる感じです。

6.前屈

競泳水着で前屈

Doll

前屈は柔軟体操、ストレッチでよく行われる運動時の体勢です。
真正面から見た場合は完全に水着が隠れてしまいますので、斜めから見るか真後ろから見るのがいいかもしれません。
特に後ろから見た場合、おしりが強調されますのでお尻好きにはたまらない景色になります。
なお、前屈をする際は脚をしっかり伸ばした状態で行うと、とてもきれいに見えます。

7.菜々緒ポーズ

競泳水着で菜々緒ポーズ

Doll

女優として活躍されている菜々緒さんが編み出したというポーズがこの写真のようなものになります(微妙に違うのはご愛嬌ということで)
前屈と似ていますが、大きく違う点は左右の脚を足首あたりでクロスさせ、そのまま上半身を前に倒します。真後ろから見た場合、このままだと顔が見えなくなるため身体を少し左右にずらすことで顔、尻、脚と三拍子揃えることができるようになります。
見た目は難しくないポーズのようにも思えますが、実際にやってみると身体への負担が大きくモデルさんによってはかなり辛い体勢であることは知っておいたほうがいいでしょう。
菜々緒ポーズの最大の特徴はお尻と脚を綺麗に見せることができ、顔を覗かせることでコケティッシュな雰囲気を醸し出すことができます。
これは奇跡のポーズと言ってもいいでしょう。
ちなみにこのポーズができたエピソードは、菜々緒さんが写真集の撮影前日に自転車に乗っている最中に転倒し、太ももをかなり擦りむいてしまったことに起因します。
怪我の部分をなんとか隠そうと身体をこのようなポーズにしたところ、大きな反響を呼んだというわけです。

8.片足で乗り上げる

競泳水着で片足乗り上げポーズ

Doll

長身を活かしたモデルさんならではのポーズになりますが、椅子などではなく机ほどの高さに片足をかけるポーズです。
どうしても脚のリーチによってできるできないが出てくるため、女性の平均身長から考えるとできる人は多くないかもしれません。
もっとも男性であったとしても脚を上げた際の姿勢の美しさが求められるポーズですので、片足が机の上に乗ったからと言って、必ずしも期待通りに見せることができているかどうかというのは別問題になります。

9.レースクイーンポーズ

競泳水着でレースクイーンポーズ

Doll

レースクイーンとしても活躍しているモデルの松岡奈々さんに教えて教えていただいたのですが、こちらがレースクイーンのポーズになるそうです。
立ちポーズから少しかがむように上半身を前に傾け、左右の足を前後に合わせるように立ちます。この時、両手を前に出た側の膝に添えます。
こうすることで自然と旨が強調されることになり、セクシーなラインとなります。真正面からのショットもいいですが、若干斜め上から見てみてもいいかもしれません。

立膝・膝立ちポーズ

立膝、膝立ちのポーズについて紹介致します。

10.立膝

競泳水着で立膝

Doll

まるでビールのポスターに出てくるような印象のある立膝のポーズ。
これもグラビアでは見ないような姿勢ですが、意外とフェチ度が高く大きく開かれた股のラインや、背筋が伸びやすくなるため腕の表情も含め、モデルと競泳水着の存在を大きく見せることができるステキポーズです。

11.膝立ち

競泳水着で膝立ち

Doll

どノーマルな感じで膝立ちのポーズを取るとするなら、こんな感じになります。
基本的には上半身で表情を作ることになるので、腕を上げたり手で胸をぎゅっとつめてみたり色々なことができますが、下半身側では股の開き方を調整して魅せ方に工夫を出すことができます。

座りポーズ

座りポーズについて紹介致します。
女性が座る時は男性と比べ、いくつかバリエーションがありますが、水着着用時だと脚が露わになるため、下半身の動きを見ることができるのが魅力となるポイントでしょう。

12.女の子座り

競泳水着で女の子座り

Doll

女の子座りは男性がやろうとすると骨盤のせいなのか骨の構造なのかはわかりませんが、股間を痛めてしまいます。その点では女の子にしかできないポーズと言っても過言ではないかもしれません(慣れている男性もいるでしょうけど)
基本的に下半身がこの形で固定されているため、動きをつけることが難しいのですが、女性の持つかわいらしさを最大限発揮できるポーズです。
水着もほぼ全容を見ることができ、お得なポーズでもあります。
難しい言葉で言えば、割座(わりざ)と言うそうで、他にもぺたん座り、あひる座り、鳶座りとも言われています。一般的には女の子座りと呼ばれることが多いのではないでしょうか。

13.女座り

競泳水着で女座り

Doll

正座を崩して、両足を片側の方向へ出したような座り方を女座りと言い、女の子座りとは明確に区別されています。
別名は横座りと言われていて、こちらのほうが実態をよく表しているのではないかと思います。
男性でも正座が長く続かないような人は、この座り方になることが多いかもしれません。
水着を着用してこの座り方、というのも実際にはほとんど見かけることはないでしょう。少なくとも競泳競技を行うようなプールサイドでは見ない光景ですね。

14.胡座

競泳水着で胡座

Doll

胡座は膝を左右に開き、両方の足首を組み込むようにして座る姿勢のことをいいます。
アラビアでは足の裏を見せると失礼に当たることから一般的な座法とされている他、平安時代にも女性があぐらをかくことは当たり前だったそうですが、性器が見えてしまうことから正座に置き換わったなどと言われています。
競泳水着を着た場合だと確かに下腹部が見えるので、身につける衣装によっては下着が見えてしまうなどの弊害はあると思います。

15.半安座

競泳水着で半安座

Doll

胡座は別名、安座とも呼ばれていますが、それを崩した形ということで半安座という座り方になります。
写真のように足を完全に組まない状態にすることで半安座になるそうですが、水着を着用してのポーズとなると大きく股を開くことになるためフェチイメージがさらにアップしたように見えます。
胡座と違うところは、脚に若干の余裕があるため表情をつけやすく、意外といろんなパターンを見ることができます。
グラビアであっても不思議ではないポーズかもしれませんね。

16.ヤンキー座り・うんこ座り

競泳水着でヤンキー座り・うんこ座り

Doll

一見すると、一世を風靡したインリン・オブ・ジョイトイのポーズ・M字開脚と同一視されそうなポーズですが、れっきとした座法の一つです。
M字開脚などと違う点は、かかとを地面につけて(足の裏を地面にピッタリとつけて)座る点です。
アジア圏では時折、こうした座り方をしている場面があるものの、日本国内に置いてはヤンキーの座り方として知られています。ただこの座り方、あまり長時間座れる人がいない、というのが実情です。

17.M字開脚(インリン・オブ・ジョイトイ)

競泳水着でM字開脚(インリン・オブ・ジョイトイ)

Doll

雛ポーズに続いてグラビア界で最も有名になったポーズがこのM字開脚です。撮影の場においてもM字開脚のことを、インリンのポーズとか稀に使ったりすることもありました。
このポーズは先述のヤンキー座りと違って、かかとを地面につけません。ただ足に対する負担が大きいということと、バランスも取りにくいということも、やはり長時間このポーズを保つのは難しいです。

ただヒールを履くことによって、ポーズが取りやすくなる他、脚のラインをきれいに見せることができフェチ度も上がるため、このポーズをとるのであれば、ヒールを用意しておいたほうがいいと言えます。
かのインリン・オブ・ジョイトイもヒールをはいてM字開脚をしていおり、その当時の写真は多数、確認できます。

18.体育座り・三角座り

競泳水着で体育座り・三角座り

Doll

水着がもっとも隠れてしまう座り方がこの体育座りです。関西では三角座りという言葉で覚えられていることが多いのですが、一般的には体育座りだとか。
膝を抱え込むようにして座るため、真正面から見た場合、股間部分しかわからない、という感じになります。
モデルさんの表情を楽しむことはできますが、水着については角度をつけるなど工夫してみるといいかもしれません。

19.投げ足

競泳水着で投げ足

Doll

脚を伸ばして投げ出すかのようにするような座り方を投げ足と言います。
暑い夏の日に畳なんかでやってしまいそうなポーズですが、場所をわきまえないと失礼というか粗雑な印象を相手に与えてしまうので、フォーマルな場面ではできない姿勢です。
後手をついたり両足を伸ばしたりと、投げ足にもいろいろあり写真のようなもののみを指し示すわけではありません。

20.椅子に座る

競泳水着で椅子に座る

Doll

椅子を使った撮影はいろんな構図、パターンで撮影することが可能ですが、あえて普通に椅子に座ってもらうとこんな感じです。
リアルな視点を考えるのであれば、見下ろす感じになりますがあえて視点を下げることによって、普段見ることができないような姿を見ることができるのが椅子の醍醐味かもしれません。

横になるポーズ

身体を横にするようなポーズについて説明します。

21.寝そべり(うつ伏せ)

競泳水着で寝そべり

Doll

寝そべりのポーズとは、うつ伏せ(腹ばい)になる状態のことを言うそうですが、横に寝転ぶことも寝そべりというため、厳密な定義がないと思われます。
撮影の際には「うつ伏せでお願いします」と言うこともありますが、モデルさんによって、適度なポーズをとっていただけるので、こちらの表現のほうがわかりやすいかもしれません。

22.仰向け

競泳水着で仰向け

Doll

仰向けで横になった場合、モデルさんによっては胸が流れてしまいますが、水着の全景がしっかり見えること。
リラックスした自然な雰囲気を楽しむことができるので、水着を含め全体的な雰囲気を楽しみたい方にはおすすめのポーズです。

特殊なポーズ

普通に立つ・座る・寝るといった基本的なポーズにはあてはまらないようなものを説明致します。
グラビア写真などに見られるようなものから、アダルト向きな姿勢までありますが、いずれも通常の場面ではとらないような姿勢ばかりです。

23.アメリカンバック

競泳水着でアメリカンバック

Doll

なかなか聞き慣れないポーズですが、立膝をついた状態で上半身を下げ、股の間から顔を覗かせるポーズをアメリカンバックと言います。
身体が固い方だとなかなかこのポーズができませんが、柔軟性と躍動感が出ることから、非常にフェチ度の高いポーズと言えます。

24.まんぐり返し

競泳水着でまんぐり返し

Doll

まんぐり返しとは仰向けに横たわった状態で両足を持ち上げ、そのまま頭の方に持っていくようなポーズのことを言います。
グラビアと言うよりはエロ路線が強く出ており、羞恥性も高いポーズですが、水着着用時においては股間部がかなり強調されるため、ある意味裸の状態よりも男性の興奮を誘うポーズです。
今まで撮影した中で、まんぐり返しをお願いしたところ人によって感覚が違うのか、一定のポーズがとられなかったことから、認知としては様々な形状で覚えられている可能性があります。

25.四つん這い

競泳水着で四つん這い

Doll

四つん這いとは両手、両足を地につけはうような体勢のことを言いますが、這うと言うよりは四肢を床につける様を指し示していることが多いと思います。
動物(犬など)を連想させる他、お尻が大きな女性だと後ろから見た時のインパクトが非常に大きいため、見る角度にもよりますがグラビア~エロ路線まで、様々な見せ方をすることができます。

26.逆四つん這い

競泳水着で逆四つん這い

Doll

逆四つん這いという名前が正式名称かどうかは定かではありませんが、仰向けの状態から両手両足を地につけ、身体を持ち上げることでこういったポーズになります。
ヨガで言うところのテーブルのポーズの未完成形のような感じでしょうか。
真正面から見るとかなりエッチに見える他、上体を浮かしておりますのでわずかに見えるヒップライン、太ももの魅力がぐっと高まります。
ただしモデルさんへの負担は大きいポーズになりますので、長時間は禁物です。

27.ビールマンスピンポーズ

競泳水着でビールマンスピンポーズ

Doll

バレエの世界で見られるポーズで、画像のように上半身を弓のようにしならせ、手でつま先を持つという身体が柔らかくなければできないポーズです。
ちなみに本来のビールマンスピンポーズは両手で持つそうなんですが、これは片手バージョンということになるのでしょうか。
フィギュアスケートではこの状態でスピン(回転)する演技を思い浮かべる人も多いと思いますが、よほど体幹がしっかりしてないとできない芸当ですね。

28.I字バランス

競泳水着でI字バランス

Doll

軸足側で地面に立ち、もう片方の足を180度上方に上げ、両手を上に上げることにより、真正面から見たときアルファベットの「I」の字に見えるポーズのことをI字バランスと言います。
上方に上げた脚の角度がゆるい場合には、Y字バランスとなりますが、何度以上がI字バランスであるかということについては明確な定義はありません。
こちらもヨガ、またはバレエなどの体操競技の世界で見られるポーズですが、どちらかといえばトレーニングのためのポーズのようで身体を体操競技で慣らすための練習用ポーズと考えられます。
このポーズができるようになるには股関節の可動領域を広めることが必須となるため、一朝一夕でできるようなものではありません。
しかしハイレグの水着を着用した際の美しさは非常に際立っており、かなりレアリティの高いものになります。

29.仰向けの英雄座(ヴィーラ・アーサナ)

競泳水着で仰向けの英雄座

Doll

こちらはヨガのポーズになります。脚をおった状態でかかとを太ももにつける状態で寝転びます。
英雄座とは割座の別名ですが、その状態で仰向けになることでヨガのポーズになるということでしょうか。
こちらも非常にシンプルなポーズですが、やはり身体の柔らかさが求められそうです。

30.180度開脚(横)

競泳水着で180度開脚(横)

Doll

バレエなどのストレッチなどでよく見られる180度開脚ポーズはこちらの画像のようなものになります。
股関節の可動域によって脚がどこまで広がるか決まってくるため、誰でもできるポーズでないことは皆さんもよくご存知だと思います。
またこの開脚は身体の柔らかさの象徴ともいうべきポーズとして認知されていますが、実際には上半身と下半身のバランスがよくないとできないポーズでもあり、体幹の面でも一定のバランスを求められるポーズです。

31.縦スプリッツ(前後開脚)

競泳水着で縦スプリッツ(前後開脚)

Doll

先述の180度開脚の縦バージョンといえばわかりやすいでしょう。縦スプリッツとも言うそうですが、両脚を前後に大きく開き、座るような格好になります。
横の180度開脚ができる人であれば、縦もできるのではないかと思われる人もいますが、使用する筋肉が横のときと縦のときで変わってくるため、横はできるけれど縦はできないという人は少なくありません。
もちろんこちらのポーズもしっかりとした体幹が必要になってきます。

32.だいしゅきホールド

競泳水着でだいしゅきホールド

Doll

上記の画像はだいしゅきホールドを示す画像に近いということで、実際のものと少し異なりますが、身体を横にして女性が男性に抱きついた際に、女性の両足を男性の腰に回すようにするポーズのことをだいしゅきホールドといいます。
もちろん日本古来からあるような言葉ではなく、2015年に多くの人に知られるようになったネットスラングです(初出は2009年と言われています)
もっとも性交時に使用されるポーズであることから、画像のように女性単体と何らかの物体で取られるポーズがだいしゅきホールドであるかは意見が分かれるところです。
ただ、このようなポーズをとってもらいたい時に、使う言葉ではあります。

まとめ:女の子の競泳水着姿のポーズ

競泳水着を着用した女の子のポーズを22種類選んでみましたが、正確な名前や定義されていないものも多くあるため、人によってはポーズの名前を話しても伝わらない時があったりします。
実際にモデルさんにこちら側から「この格好で」とお願いしても、言葉だけでは伝わらないことがありますので、そういった時は自分でやって見せるなど対応をしたこともあります。

その話はさておき、お気づきの方もいらっしゃったかもしれませんが思いっきりエロいポーズとかはあえて選ばず、フェチ的な路線から普通のポーズなのにエロく見えてしまうものを選択して紹介いたしました。
もっといろんなポーズを楽しみたい!同じポーズでも違う角度から見てみたい!という方はぜひsukumizu.tv謹製の水着写真集をお求めくださいませ。

もっと競泳水着・スク水姿の女の子を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」
作品総数述訳400タイトル、モデル約70名(2020年3月現在)でお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は水着フェチな多くの方からご好評いただいております!一般的なサイトではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着ショットが満載です。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
またモデルもスレンダーからぽっちゃり体型、背の高さに至るまで、様々な女性に着せることで水着がどう変化していくのかということにもこだわっております!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事