realise N-106×たろう(1)

realise N-106×たろう(1)

「例の競泳水着」でその名を轟かせることになった発端のモデル

特にツイッター上で「例の競泳水着」として有名になったモデルがこの水着。フロントジッパーを2連にすることで、開閉部で遊ぶことができ、胸元を大きく出して首元は締めるといった、特徴的な着こなしができる水着として一気に有名になりました。
特筆すべきはこの衣装をコスプレイヤーやモデルからの支持を集めた点。コスプレ文化が世間に認識されてかれこれ10年以上(もちろんそれ以前からもあったことは間違いありませんが)の中において、重要なのは女性に認知されて広めてもらう・・・まぁ、ブームのお約束的出来事がここでもあったのかなぁ、なんて思います。

さて、水着に話を戻しましうが、フロントジッパーによる加工以外にも、水着の素材として使われるツーウェイ素材ではなくコスチューム製の強いエナメル調のものを利用しているところが、さらに人気の秘密なのではないでしょうか。素材はSTICKY SKIN素材だそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

sukumizu.tvオリジナル水着写真集好評発売中です!
おすすめの記事