競泳水着の日は10月31日!?他にも水着や水泳にまつわる記念日ってある?

一部ファンの間では10月31日を競泳水着の日として制定し、イラストを描く人やコスプレする人がこぞってTwitterを中心とするSNSに画像をアップしています。
そこでふと疑問に浮かんだのが水着や水泳に関する記念日や制定された日はどんなものがあるのかについてまとめてみました。
おそらくそれだけだとネタに苦しくなりそうだったので、弊サイトで副次的に取り上げた衣装についても記念日をご紹介いたします。

競泳水着の日

 10月31日
競泳水着の日のイメージビジュアル

▲最近ではコスチューム系の競泳水着が注目されているが、競泳水着の日はあくまで「競泳のための競泳水着」にフォーカスしているようだ。

まずは冒頭に挙げた競泳水着の日です。
一見すると、FINAのような国際機関や水着メーカー、あるいは関連団体が作ったのかと思われそうですが、実際にはどこかの誰かが「10月31日は競泳水着の日!」と高らかに宣言したことに起因します。それが興ったのが2017年頃ではないでしょうか。

もともと1ファンの挙げられた声によるところがあるため、公式のものでないことは明白ですが、#10月31日は競泳水着の日#競泳水着の日というハッシュタグがつけられ、Twitter上で展開されたことから多くの人が反応したために少しずつですが浸透し始めているというのが現状です。

制定した日の根拠に厳密な理由があるわけではないものの、あくまで競技で使われる、あるいは使われてきた競泳水着を対象としている他、フィットネス向けのビギナーモデルを含め競泳水着の日の範疇として取り扱われています。しかしコスチューム系のものについては定義されていない、というのが基本認識のようです。

スクール水着の日

 毎月29日
スクール水着の日のイメージビジュアル

▲スクール水着の日は毎月29日。理由は不明。スクール水着にもいくつか種類があるが、イラストレーターによって様々な種類のスクール水着が描かれ、ツイッター上にアップされている。

競泳水着の日とは違い、1年に12回訪れるスクール水着の日。
こちらも1ファンが勝手に制定されたもののようですが、基本的には競泳水着の日と同様、イラストなどが#スクール水着の日#スク水の日というハッシュタグで流れる日となっているようです。

毎月29日ということもあり、少々マンネリ感は否めないことから認知度が決して高いとは言えないものですが、スク水ファンを中心に盛り上がっているようです。

ビキニの日

 7月5日

先述の競泳水着の日、スクール水着の日とは違い、明確な理由があって一般的に認知されている日です。

理由は1946年7月5日にフランスのルイ・レアールが当時、もっとも布地面積の小さい水着を発表したことにちなんでいます。

Twitter上ではあまり認知されていないのか、同日に盛り上がりを見せることはあまりないようで、#ビキニの日というハッシュタグとともになぜか男性のビキニパンツ画像が並んでいました。
おそらくビキニパンツのことを言っているのだと思いますが、イラスト投稿も一部では行われており、今後、盛り上がるのかどうか注目されるところです。

水泳の日

 8月14日

こちらも公的機関(日本)によって定められた日です。

日本水泳連盟が2012年に発表した「ドリームプロジェクト2020」のうちの一つの中心的プロジェクトであり、以前存在していた「国民皆泳の日」を改めたもので、その理念も「命を守ることができるスポーツ」として、水難事故を減らすことを目的に制定された記念日です。

8月14日付近になると、日本各地の水泳施設、関連団体で様々なイベントが行われています。

ミニスカートの日

 10月18日
ミニスカートの日のイメージビジュアル

▲ミニスカートの日は史実に基づいて決められたものがある。

水泳や水着に関するネタが意外に少なかったので、弊サイトで副次的に出している衣装を中心に記念日を探していたところ見つけたものです。

1967年10月18日、イギリスのファッションモデルであるツイッギーが来日し、当時の彼女のファッション、つまりミニスカートが爆発的に受け入れられたことから記念日としているという根拠があります。

Twitterを確認すると認知度は今ひとつといったところですが、他の記念日と同様、ハッシュタグである#ミニスカートの日を使ってイラストを中心にツイートされています。

弊サイトではミニスカートの下にブルマやスクール水着を着用させたことがあったので取り上げてみました。

ブルマの日

 2月6日
ブルマの日の日のイメージビジュアル

▲その成り立ちから考えれば公式であっても良さそうなブルマの日。実際はファンが勝手に作ってしまったものである。

こちらは公的な期間が決めたわけでも明確な根拠があるわけでもなく、2(ブ)月6(ル)日というロゴから考えて作られたものです。

ブルマは女性解放運動に寄与した側面のあるスポーツ衣料であるため、記念日がありそうなものですが、ブルマの歴史を考えるとその収束があまりにも悲しい事情であったことから、女性人権を考える団体からすれば、あまり触れたくない部分なのかもしれません。

Twitterでは#2月6日はブルマの日というハッシュタグでイラストを中心にツイートが盛んに行われています。

また11月の「いい」にちなんで11月26日を「いいブルマの日」と定めている人たちもいます。こちらもハッシュタグがついており、#いいブルマの日として盛り上がっています。

いいニーハイの日

 11月28日
いいニーハイ日のイメージビジュアル

▲11月のゴロを利用していいニーハイと言わせているところが日本人らしい。

こちらもブルマの日と同様、1(い)1(い)月2(ニ)8(ハ)日ということで語呂合わせによって考案された日です。そう考えると11月はすべてなにかの「いい」にされてしまいそうですが、いい夫婦の日などあることから、何かと便利な月なのでしょう。

Twitter上では、ブルマの日やスクール水着の日よりも盛り上がりやすい題材なのか、同日になるとモデルやコスプレイヤーを中心にニーソ画像が大量にタイムライン上に投下される日です。
使用されているハッシュタグは#いいニーハイの日で認知度としても高いものがあります。

まとめ:意外とあった?フェチに関わる記念日

弊サイトに関係するような衣装や事柄に関する記念日を集めてみました。

ことさら日本国内においてはTwitterを中心に記念日になるとイラストや衣装の着用画像をアップして盛り上がる傾向にあることが多いように思いますが、世界的にはあまりそうした流れはないのかもしれません。

今後も様々な記念日を勝手にファンが制定されると思いますが、それはそれで小さなお祭りとして捉え楽しむといいのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事