バイオラバー競泳水着ってなに?ラバーやエナメル素材の競泳水着って本当にある?

グラビアなどではなかなかお目にかかることはありませんが、フェティッシュ系コンテンツなどでラバー系の競泳水着などを見かけた事がある人はいるのではないでしょうか。
普段、水泳競技においては見かけることはまずないと言っていいラバー素材の競泳水着。
コスチュームとしては当たり前のように存在しているラバーやエナメルの競泳水着が、スポーツのシーンでもまことしやかに存在していたのかも?と思う人も少なくありません。
今回はそんなラバーやエナメルの競泳水着が存在したのか、ということについて解説致します。

かつては存在していたラバーの競泳水着

結論から言ってしまえば、かつてスポーツのシーンに置いてエナメル製の競泳水着はありませんでしたが、かつてラバー素材の競泳水着は確かに存在していました。
時代で言えば、FINAが競技で使用する水着に対して厳格な基準を設けた2009年より前になります。

2007年にレーザーレーサーとともに登場したバイオラバー

2009年以前、技術競争が苛烈だった頃の競泳水着

▲2009年以前、技術競争が苛烈だった頃の競泳水着。写真はspeedo 20-A94-8930 FAST SKIN FSⅡ。

ラバー素材の競泳水着が登場したのは2007年後半と言われています。
それまでの競泳水着でも競技で速く泳ぐことを目的とした技術・素材開発が加熱しており、各国メーカーが我先にと水着の高速化を目指していました。
水着の表面は水流抵抗を少なくするために、極限までに平坦化を行い、水流をコントロールする機能をふんだんに詰めこまれていた時代です。
2007年の北京オリンピックで登場したspeedoのLZR Racer(レーザーレーサー)は、宇宙開発のNASAの技術を用いたとされ、その名の通りレーザーを使って、ナイロン素材をレーザーでつなぎ合わせたもので、この水着を着用した選手は軒並みタイムが上がり、新記録ラッシュとなったことは有名な話です。

TIGORAのバイオラバー競泳水着TR-3S2008SS

▲こちらが過去に存在していたラバー素材(バイオラバー)の競泳水着。TIGORA TR-3S2008SS

そんなレーザーレーサーとあわせて人気を集めたのがバイオラバー素材の競泳水着です。
日本国内ではKOZのブランドとして知られる、大阪のメーカー山本化学工業株式会社が製造を行いました。
山本化学工業は医療機器メーカーであり、放射線遮蔽素材やウェットスーツ、複合特殊ゴム製品を製造するメーカーで水着についてもその技術が用いられたと考えられます。

バイオラバーの競泳水着はレーザーレーサー同様、非常に締め付けが強く、

  • 身体の面積縮小化
  • 筋肉の振動を抑える
  • つなぎ目などの凹凸部分を極限まで平坦化する
  • 姿勢の矯正

といった、試合を有利に運ぶ要素が詰め込まれました。この点はレーザーレーサーも同じコンセプトで作られています。
またレーザーレーサーと違う点を上げるとすれば、バイオラバーはその素材の特性から水着自体に浮力があるという性能を持っており、試合を有利に運ぶためのものという点では理にかなったものを備えていました。

こうしたことから、アスリート本人の能力とは別に身体を強制的に泳ぐ姿勢にし、競技に臨むという見方がされるようになりました。
つまりは選手に外骨格のサイボーグスーツを着せるようなイメージでしょうか。
この点を重く見たFINAが、結果として2009年に織布による水着でなければ競技の使用を認めない、という措置に至ったと考えられます。

いまではラバーの競泳水着は存在しなくなった?

このように苛烈な技術競争が行われた競泳水着の世界からはラバー素材の競泳水着はその姿を消えることになりました。
製品のデッドストックなどはあるかもしれませんが、着用する人もいなくなりましたし、何よりラバー素材は非常に寿命が短いため、2007年から10年以上経った今では、たとえ新品だったとしてもひび割れなどが発生していて着用に耐えられるものではなくなっているかもしれません。
それではコスチュームではない、プールなどで着用できるラバーの水着は完全にこの世から失われたのでしょうか。

現在はSWIMHXBYが製造している

現在、直近でわかっていることとして2012年、中国で生まれたブランドSWIMHXBYが製品を製造していることがわかっており、Amazonなどで比較的、簡単に手に入れることができます。
ただし現在の水泳競技においては公式のものはFINAによって承認された水着でなければ使用が認められないため、競技では使うことができません。
そんなSWIMHXBYのラバー競泳水着ですが、かつて人気を誇ったバイオラバーの競泳水着と素材が一緒なのか、と聞かれれば、素材の質感に違いがあるため、全く同じ素材ではないようです。

TIGORAのバイオラバー競泳水着とSWIMHXBYのラバー競泳水着を比較してみた

TIGORA TR-3S2008SSとSWIMHXBY 280の比較画像

▲TIGORA TR-3S2008SS(写真左)とSWIMHXBY 280の比較(写真右)
光沢感の違いで判断がつくと思われるが、素材に大きな違いがあるようだ。

バイオラバー競泳水着は先述の説明の通り、締めつけ感が非常に強いことが特徴ですが、実際に比較してみたところ、SWIMHXBYはその締めつけ感が弱く、どちらかといえば柔らかいゴムのように伸びて身体にフィットするような性能を備えているように見えます。
そのため水着としての性能は大きく違うのではないかと考えられます。

かつての高速水着として存在したラバー競泳水着は姿を消したが、今でも一部で製造販売が行われている

このように私たちが2000年代後半に見てきたようなラバーの競泳水着はほとんどこの世から失われたと言っても過言ではないかもしれません。
とにかく速く泳ぐために強い締付けるようなゴム素材の競泳水着はなくなってしまいましたが、SWIMHXBYが製造販売を行っているという現状があります。
フェチ的観点から見れば、かつての水着に思いを馳せつつ、わずかに販売されている今の水着を楽しんでみるのもいいかもしれません。

もっと競泳水着・スク水姿の女の子を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」
作品総数約600タイトル、モデル約100名(2022年2月現在)でお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は水着フェチな多くの方からご好評いただいております!一般的なサイトではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着ショットが満載です。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
またモデルもスレンダーからぽっちゃり体型、背の高さに至るまで、様々な女性に着せることで水着がどう変化していくのかということにもこだわっております!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう