競泳水着でおっぱいはつぶれる?はみ出る?実際に着せて確認してみた

競泳水着は着用すると「胸が潰れてしまう」「胸がはみ出しそうになる」といった話をよく聞きます。
特にバストの大きいモデルが着用したときに、この傾向が出るのではないかという予想はできますが、実際のところはどんな風になるのか弊サイトでも調べてみました。
この記事では競泳水着を着た女性のおっぱいは実際にはみ出るのか、つぶれるのか、といったことから、その対処法について解説いたします。



競泳水着の特性で胸はつぶれたり、はみ出したりする

競泳水着は泳ぐことに特化した衣類です。
そのため競泳水着の型番(モデル)によってその目的は違いますが、作りとしては身体を締めつけるようにできているのが一般的です。

競泳水着の種類によって締め付けは変わる

競泳水着の種類によって締め付けは変わる

▲画像内の赤枠内がはみ出した胸の部分になる。競技向け競泳水着の場合、締め付けがかなり強くなるため、このように胸が潰されて、脇の方へ肉がはみ出てしまうことがある。

例えば競技のために使われる水着は、より速く泳ぐために極端に身体への締め付けを強化し水の抵抗を極限まで下げることを目的としています。
ミドルモデルとして扱われる競技練習向けの水着は、極端な締め付けはないもののやはり収縮する方向で縫製されており、実践に向けたトレーニングを行うことができるように作られています。
最後にフィットネス向けのモデルについては、あまり締め付けは強くなくゆったり目で作られていることが多くあります。エクササイズとして速く泳ぐというよりは水中での動きを取りやすくすることを目的として作られています。

水着とバストサイズがあっていないとおっぱいのはみ出したりつぶれたりしやすい

水着とバストサイズがあっていないとおっぱいのはみ出したりつぶれたりしやすい

▲水着のサイズとバストがあっていない場合もはみ出たりする原因になる。特に身重に対してバストの大きい女性の場合だと、このようなケースが発生する可能性は高くなる。

なんとなく想像に難くないところですが、締め付けが強い競泳水着ほど胸への圧迫も強くなり、そのため胸が水着からポロリとこぼれそうになったり、つぶれたりすることがあります。
特にバストのサイズと水着のサイズが合致していない、もう少し詳しく言えばバストの大きさに対して水着が小さい場合ははみ出しやつぶれ(胸への強い圧迫感)が生まれやすいと言えます。

おっぱいにははみ出しやすい、つぶれやすい形状がある

おっぱいと水着のサイズが合っていなければ胸部に締め付けの力が大きく加わることで、胸が変形し、そのことではみ出しやつぶれが起きやすいと説明しましたが、バストの形状によってもその度合が変わってきます。
おっぱい星人でもない限り、男性はほとんど気にすることはないかもしれませんが、人間の乳房にはいくつかの形状があります。

  • 皿型
  • 半球型
  • 円錐型
  • 三角状
  • 釣鐘型
  • お椀型
  • しずく型
  • 下垂型
  • ヤギ型

こちらはおっぱいに関するサイトから調べたものをピックアップしたものですが、下着メーカーが独自に作り上げたものでは7種類、あるいは5種類に分類されると言われています。
今回は一般的なフェティッシュ要素を持ち合わせた視点での解説が必要ということもあり、こちらの形状から調査を行いました。

はみ出しやすいおっぱいの形状ベスト3

おっぱいの形状によってはみ出しやすいものがあるということが、これまでの撮影でわかったので、そのベスト3を発表したいと思います。

はみ出しやすいおっぱい3位:半球型おっぱい

はみ出しやすいおっぱい3位:半球型おっぱい

▲ちょうど半球を割ったような形状から半球形と言われるおっぱい。巨乳傾向の他、非常にバランスのいい形状をしていることが特徴だ。

半球型のおっぱいは球体を2つに割ったような形が特徴のおっぱいで大きさも大きなものが多いのが特徴です。
同じような形状で円錐形と呼ばれるタイプのおっぱいもありますが、こちらは前面に突き出したようないわゆるロケットおっぱいと言われるのに対し、半球形は少し上向きの重力に逆らうような形状をしています。
このことから横からはみ出すというよりは、前かがみになったときに首元からこぼれそうになるのが特徴です。
ただ水着の形状から実際に大きくポロリとするようなことはなさそうです。

はみ出しやすいおっぱい2位:お椀型おっぱい

はみ出しやすいおっぱい2位:お椀型おっぱい

▲お椀のような形状をしているからお椀型おっぱいと言われるが、形状としてはさらにいくつかに分類される。開き気味だったり、乳首の向く方向によってパターンがあるようだ。

お椀型のおっぱいはその名の通り、お椀を逆さまにして2つつけたような形状をしています。日本人には一番見られる胸のタイプであり、ハリもある他、適度な大きさの胸が一般的です。
お椀型には2つのパターンがありますが、ランジェリー会社「サードラブ」の調査でイーストウエスト型と言われる左右に離れるような見た目のものから、サイドセット型と呼ばれる左右のバランスがとれているものがあげられます。
いずれの形状も胸にハリがあるため、サイズが小さい水着の場合だと左右からおっぱいのお肉がはみ出てしまうことがあります。
特に両サイドに胸が広がるイーストウエスト型では、この傾向が出やすいと考えられます。

はみ出しやすいおっぱい1位:釣鐘型おっぱい

はみ出しやすいおっぱい1位:釣鐘型おっぱい

▲撮影した素材がなかったので海外のフリー素材を使用している。釣鐘型は釣り鐘のように重厚感があり、見た目にも重さを感じさせてくれるのが特徴。ほとんどの場合、巨乳となるため水着からははみ出しやすくなる。

釣鐘型おっぱいは巨乳で非常に弾力性に富んだおっぱいです。
水着を破らんとばかりにはち切れるような存在感を示すため、横からも前からもはみ出そうになるのがこの胸の特徴ではないでしょうか。サイズの合わない水着を着用したときには、特に脇側側面からのはみ出しが著しく、前にかがめば前からもこぼれそうになるという感じになります。

つぶれやすいおっぱいの形状ベスト3

それでは次に競泳水着を着用することによってつぶれやすい胸の形にはどういったタイプがあるのか、こちらもランキング形式でご紹介いたします。

つぶれやすいおっぱい3位:下垂型おっぱい

つぶれやすいおっぱい3位:下垂型おっぱい

▲下垂型おっぱいはかつての円錐形、三角形型だったおっぱいが加齢とともに垂れ下がってしまったおっぱいの形状のことを指す。胸の上部が下に伸びてしまうため、カップサイズにもよるが胸としては潰れやすい傾向にある。

下垂型おっぱいは円錐形または三角形型おっぱいを持つ女性が年齢を重ねてきたときにだんだん垂れてきたときに見られる胸のタイプです。
下に下がってしまうためバスト本来の位置より下にのほうにくるため、肋骨から肩甲骨にくるラインのところで発生する圧迫感により胸が潰されてしまいます。
胸の存在感はありますが、どちらかと言えば潰されているというイメージがあります。

つぶれやすいおっぱい2位:三角形型おっぱい

つぶれやすいおっぱい2位:三角形型おっぱい

▲三角形型おっぱいはもともとコンパクトになりやすい形状のため、カップサイズがお大きくないから潰れやすく見えるというのはあるかもしれない。

三角形型おっぱいは小ぶりなバストの方に多く見られる形状で、ツンと尖ったような印象のあるおっぱいです。
元々小ぶりであるということもありますが、水着の圧迫により三角形の頂点が潰されてしまいますので、胸がかなり潰されているように見えるのが特徴的です。

つぶれやすいおっぱい1位:皿型おっぱい

つぶれやすいおっぱい1位:皿型おっぱい

▲皿型は平面っぽい感じになるため、つぶれやすい、というより覆われたような感じとなり、むしろ潰れるという表現も適切かどうか、という考察はある。

競泳水着の圧迫により一番潰れやすいと考えられるのが、この皿型おっぱいです。
皿型おっぱいは小さなバストの方に多く見られますが、トップの部分も三角形型と違って平坦に見られるため、さらに潰される感じになります。
そのため見た目上は胸がなくなってしまったように見えます。

おっぱいは水着の中でどのように変化しているのか

さて、はみ出しやすいおっぱい、つぶれやすいおっぱいについてランキングを交えて説明いたしました。
カップサイズにもよりますが、おっぱいの形状によってはみ出し方やつぶれ方に違いがあるということはおわかりいただけたかと思いますが、それではおっぱいは水着の中でどのように変化しているのでしょうか。

水着の中のおっぱいを確認する方法

実際に着用してみても、当然のことながら外側からだとどのように変化しているのかは見た目にはわかりません。
しかし下記の方法を用いれば、胸が水着の中でどのように変化するのかわかりやすくなります。もし興味のある方はモデルさんや理解あるパートナーの許し得た上で、やってみてもいいかもしれません。

1方法1:透けるコスチューム系の水着を用意する

方法1:透けるコスチューム系の水着を用意する

▲いずれもREALISE製の競泳水着タイプの水着。かなり透けて見えるため、非常にわかりやすい。

実際の競泳水着での確認は難しいのですが、透ける競泳水着タイプのコスチューム水着を用意すれば、水着の中でおっぱいがどのように変化するのかを見ることができます。
コスチューム水着であればなんでもいいとは思いますが、繊維や縫製によってリアリティが薄れる可能性もあるため、REALISEの(すでに廃盤品ですが)メッシュタイプのもの、あるいはセカンドスキン素材で作られたタイプのものがおすすめです。

2方法2:白アシなどの透けやすいタイプの競泳水着を使う

方法2:白アシなどの透けやすいタイプの競泳水着を使う

▲競泳水着には白アシに代表されるようなかなり透ける水着がいくつかある。左は白アシであるALS-55T。右はYingfaの900。いずれも水着に濡れると、かなり透ける。

実際の競泳水着を着用させて胸の変化を確認する、という意味では、こちらのほうがより高いリアリティがあります。
難点をあげるとすれば水着自体を手に入れることが難しく、コストが高いというところです。
運良くこちらの水着を手に入れることができたのであれば、跡は簡単です。
女の子に着用してもらった際にシャワーやお風呂で濡らすだけで、確実に透けるます。

実際の検証画像をもとに変化を確認してみた

一部ですが、今回の記事のテーマの延長でおっぱいは水着の中でどのように変化するのか、上記方法を用いて検証した事例をいくつかご紹介いたします。

半球形型おっぱいの場合

半球形型おっぱいの場合

▲半球形おっぱいの事例。胸はつぶれつつ、水着の隅からはみ出しているように見える。

半球形型おっぱいの場合、画像からは少しわかりにくいのですが、水着表面からの圧力によって全体的に潰されています。
水着そのものは胸部分から見た場合、肩に伸びる方向と下腹部側へ伸びる方向に一番大きな力が加わっていると考えられるため、胸もその2方向に伸びるようにつぶれています。そして脇の部分から、おっぱいが少しはみ出るように見えます。

下垂体型おっぱいの場合

下垂体型おっぱいの場合

▲下垂型おっぱいの場合は胸のポジションを調整することで、違った形のおっぱいに見せることができる。ただし水着の中で押しつぶされることになるので、見た目の大きさはそのまま、ということにはならない。

下垂型おっぱいの場合、大きさや水着の素材など様々な条件によって変わる点はあるものの、胸のポジションをコントロールすることで下垂型から釣鐘型のようなおっぱいにみせることもできるようです。
これは水着を生かして胸の垂れ下がりを抑えることができるからです。しかしバスト受けのような機能は当然ないため、身体を動かしたり運動を行えば、だんだん胸のポジションが変わってしまいます。

競泳水着ではみ出し防止や胸の形状を残す着こなしはできるの?

バストがはみ出す、あるいはつぶれるか否かはバストの形状と水着のサイズの相関によって影響が左右されます。もちろんヒップの大きさも連動して影響の一端を担うことになるため、ヒップが大きいとその分水着は縦方向に強く引っ張られることになりバストが潰れやすくなることもあります。
ある程度のバストの変形を許容しつつ、かつはみ出さないような着こなしを行うためには、やはり自分の身体に適したサイズのものを選んだほうがいいでしょう。
各メーカーではサイズごとに推奨のバスト、ウエスト、ヒップの一覧を表示しています。

まとめ:おっぱいがはみ出さないようにするためには水着の適切なサイズ選びから

女性用下着であるブラジャーもそうですが、カップの大きさに応じて適切なものを選ばなければ肩がこったりするということもあるそうです。
一方で競泳水着もサイズが合わないものを選ぶと胸が潰れてしまうのは水着の特性から仕方ない面はあるとは言え、何よりもこぼれやすくなってしまうというのは、弊サイトで言えばモデルにとっては不安に思う部分かもしれません。
まずはご自身の正しい3サイズを知った上で、競泳水着を選ばれたほうが賢明と言えるでしょう。

参考:競泳水着メーカー別女性用サイズ表

arena<アリーナ>水着サイズ表


サイズ

ウエスト

バスト

ヒップ

3S

53-57

72-76

80-84

SS

56-60

75-79

83-87

S

59-63

78-82

86-90

M

62-66

81-85

89-93

L

65-69

84-88

92-96

O

68-72

87-91

95-99

XO

71-75

90-94

98-102

XA

74-78

93-97

101-105

XB

77-81

96-100

104-108

XC

80-84

99-103

107-111

speedo<スピード>水着サイズ表


サイズ

身長設定

バスト

ウエスト

ヒップ

3S

142-148

72-76

53-57

80-84

SS

147-153

75-79

56-60

83-87

S

152-158

78-82

59-63

86-90

M

157-163

81-85

62-66

89-93

L

162-168

84-88

65-69

92-96

O

167-173

87-91

68-72

95-99

XO

172-178

90-94

71-75

98-102

XA

162-173

95-103

76-84

102-110

XB

162-173

103-111

85-93

108-116

asics<アシックス>水着サイズ表


サイズ

身長設定

バスト

ウエスト

ヒップ

3S

143-149

72-76

53-57

80-84

SS

147-153

75-79

56-60

83-87

S

151-157

78-82

59-63

86-90

M

155-161

81-85

62-66

89-93

L

159-165

84-88

65-69

92-96

O

163-169

87-91

68-72

95-99

XO

163-169

90-94

71-75

98-102

XA

159-165

94-100

75-82

102-107

XB

159-165

100-106

82-89

107-112

XC

159-165

106-112

89-96

112-117

mizuno<ミズノ>水着サイズ表


サイズ

胸囲

ヒップ

SS

75-79

83-87

S

78-82

86-90

M

81-85

89-93

L

84-88

92-96

O

87-91

95-99

XO

90-94

98-102

ellesse<エレッセ>水着サイズ表


サイズ

身長設定

バスト

ウエスト

ヒップ

SS

147-153

75-79

56-60

83-87

S

152-158

78-82

59-63

86-90

M

157-163

81-85

62-66

89-93

L

162-168

84-88

65-69

92-96

O

167-173

87-91

68-72

95-99

XO

172-178

90-94

71-75

98-102

XA

162-173

95-103

76-84

102-110

XB

162-173

103-111

85-93

108-116

nike<ナイキ>水着サイズ表


サイズ

バスト

ヒップ

S

78-82

86-90

M

81-85

89-93

L

84-88

92-96

XL

87-91

95-99

XXL

90-94

98-102

adidas<アディダス>水着サイズ表


サイズ

身長

バスト

ウエスト

S

152-158

78-82

59-63

M

157-163

81-85

62-66

L

162-168

84-88

65-69

OT

167-173

87-91

68-72
もっとたくさんの競泳水着・スク水を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」

作品総数300タイトル、モデル60名超えの一つのウェブサイトとして大ボリュームでお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は水着フェチな皆様からご好評いただいております!一般的なサイトではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着ショットが満載です。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
またモデルもスレンダーからぽっちゃり体型、背の高さに至るまで、様々な身体をお持ちの女性に着せることで水着がどう変化していくのかということにもこだわっております!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事