写真集の売れ筋から調べてみた人気のスクール水着はこれだ!

不思議なことにいまや学生より大人が着用することが多いのではないかと思われるスクール水着。特に最近ではフィットネス用の水着としてスクール79水着が着られることもあるそうです。
なんとなく競泳水着の人気に押されてしまっていますが、それでもコスチュームとしての人気は高いものがあります。
一般の人から見た場合、スクール水着といえば一種類しかないように思われていますが、実際には様々なデザインがあることはこのサイトに訪れる人であればご存知ではないでしょうか。
そんなスクール水着にも人気・不人気が明確に分かれているような気がいたします。
今回はsukumizu.tvで制作しているスクール水着写真集の売れ筋から、人気の高いスクール水着をピックアップして紹介致します。
特に女性モデルの皆さんには「どのスクール水着を選べばいいか」という基準がわかってくるのではないでしょうか。

人気のスクール水着の傾向

具体的なスクール水着の型番名を紹介する前に、人気の出やすいスクール水着の傾向についてまとめてみました。

人気の色はやはり「紺色」

人気の色はやはり「紺色」

▲世の中には白スク水なんてものもあるが、紺色の人気は絶対的なものである。

スクール水着の色の紺色、濃紺色が使われていることがほとんどですが、人気の色も紺色に集中しています。コスチュームメーカーが出しているような白、あるいは一般的な学校衣料メーカーが出している他の色であっても、この紺色の人気を凌ぐことはできないようです。

写真集の売れ筋から見てみても、人気があると思われる白スク水は、実はそこまで人気があるわけではありません。白いスクール水着はスクール水着好きの人よりもコスチューム好き、あるいはその他大勢からは人気があり、インパクトもありますので瞬発的な人気はありますが、持続性のある人気ではないように思われます。
透ける、透けないは別として、やはりスクール水着は紺色である、という絶対的な認識がある以上、白や他の色は二の次であると思われているようです。

この点については、やはり日本人の肌には紺色が似合うという分析をしていますが、その証左と言えるかもしれません。

形状はパイピングよりも旧スク水のような形状に人気が集まっている

形状はパイピングよりも旧スク水のような形状に人気が集まっている

▲スクール水着といえば旧スク水を思い浮かべる人は多いだろう。そのためかこのタイプの水着の人気は衰えていないように思える。

パイピングのスクール水着としての代表格ARN-75Wは別格ですが、一般的なパイピングのスクール水着よりも1970年代後半にあるデザインのような旧スク水タイプに人気が集まっています。それに続いて新スク水が人気を集めているようです。
こちらもスクール水着のデザインと言えば、旧スク水のような形状を思い浮かべる人が多くいるから、ということが考えられます。
パイピングのスクール水着はその形状からストラップ(肩紐)部分が白であることが多く、ストラップの太さや形状によりますが、差し色に白が入ることでスクール水着に対するイメージが変わってしまうところにポイントがあるのではないでしょうか。

素材はゴワゴワのものよりスベスベに人気がある

素材はゴワゴワのものよりスベスベに人気がある

▲左が旧来的な素材、ポリエステル100%のスクール水着。右が合成繊維でできたストレッチ素材のスクール水着。撮影環境は違うがそれでも光沢感に違いがあるのがわかる。

意外な部分になりますが、実は素材も人気の高さを左右する重要な要素です。
写真集の売れ筋から調べてみましたが、ごわごわの生地でできたスクール水着よりもすべすべの生地でできたスクール水着のほうが人気が高いことがわかっています。
これはどういうことかというと、ゴワゴワの生地はポリエステル、つるつるの生地はスパンデックス系という違いがあります。

双方の生地の大きな違いは、触った感じ、つまりゴワゴワかつるつるか、ということになりますが、より具体的に言えば、スパンデックス製のスクール水着はツーウェイ系の合成繊維でできているため、伸縮性に富んでおり、身体にフィットしやすい点にあります。
また写真で写した際に、一つ一つを見られるわけではありませんが、スパンデックス素材のほうが生地のきめ細かさに優れているため、光沢感が出やすい、という特徴があります。
このことから光沢感にあふれていて、身体にフィットしやすいというフェティッシュな要素があることから、人気の違いに差が出るものと考えられます。

人気の高いスクール水着の型番名

それでは人気の高いスクール水着について具体的なモデル名とともに紹介します。
こちらで紹介するモデルは、すでに廃盤となって久しいものも含まれているため、入手が困難なものがあります。
入手にはヤフオクを始めとするオークションサイトなどで手に入れたほうがいいかもしれません。

フットマーク 1210000

フットマーク 1210000

▲旧タイプのデザインでありながら、光沢感がありフェチ要素の強さを感じることができる一枚だ。

フットマーク社製の1210000は人気の旧スク水タイプであるほか、素材がナイロン80%、ポリウレタン20%の合成繊維とストレッチの効いた素材でできています。
もちろん生地の伸縮性は高いため、少々サイズがずれても着用することができ、身体にフィットしやすいところが特徴です。
水着にはよくついているロゴもないため、コスプレ用の素材としても使いやすく、汎用性に高いのが大きなポイントです。
写真で撮った場合、光沢感があってしかも体のラインが出やすい水着ですので、フェチ要素も詰め込まれた、旧スク水としてはなかなか稀有な存在かもしれません。

lacymate 3500

lacymate 3500

▲ツルスベスク水としては高いパフォーマンスを誇るモデル。生地が厚めでだが、サテンのような肌触りを感じる。

新スク水の隠れた名器という意味では、このモデルが挙げられます。写真集として紹介したときも人気の高さがわかるくらいに人気のあるモデルです。
こちらの水着も1210000と同様、ナイロン85%、ポリウレタン15%でできているため、伸縮性、光沢感もあり、スクール水着としての人気を押し上げているのではないかと思われます。
形状が新スク水であるため、下腹部の水着抜きはありませんが、それがかえってフェチ要素を強めているようにも見受けられます。
ロゴは控えめのものが入っていますが、シンプルで水着全体のビジュアルに添えるように入っているため、水着のロゴで反応してしまう人にもおすすめの一枚です。

arena ARN-75W

arena ARN-75W

▲一時期はグラビアの鉄板水着として使われていたARN-75W/NVY。その人気は現在も失われていない。

90年代に一世を風靡したお菓子系雑誌、グラビア雑誌の鉄板スクール水着がこのARN-75Wです。現在でもその人気は衰えておらず、オークションではスクール水着の中では異例の価格帯で取引される人気のスクール水着です。
パイピングの水着として一番人気になりますが、その人気は旧スク水、新スク水を入れてもトップレベルのものになっています。
最大の特徴は競泳水着に近い素材で作られたツルスベ感と、競泳水着ファンであればつい反応してしまうarenaのロゴ。そして多色展開にあります。
色や特徴については下記の記事でも触れていますので、ぜひ併せて御覧ください。

最初の説明では紺色が一番人気、と話しましたが、ARN-75Wに限っては、他の色も人気が高く、特に赤(ARN-75W/RED)と紺色よりも明るい青色(ARN-75W/ABL)は超レアな人気モデルとして知られています。
手に入れたら絶対に手放したくない一枚ですね。

まとめ:スクール水着にも人気モデルは存在する

一口にスクール水着と言っても様々なデザインやモデルがあることは以前から当サイトでも紹介してきましたが、その中でも鉄板といいますか、人気の高いモデルがあることもまた事実であるため、今回紹介いたしました。
男性目線的に言えば、きっと手に入れたいモデルがこの中にもあったかもしれませんが、普段からモデル活動をされている女性のみなさんにとっても知っていて損のない情報ではないでしょうか。
「安いから」という理由で適当にスクール水着を選ぶよりも、人気のあるスクール水着を手に入れることでファンから(と言ってもスクール水着好きの人だけになってしまうかもしれませんが)「お、わかってるなー」と思ってもらえれば、きっと喜んでくれるのではないかと思います。
その時勢においての流行もあるかもしれませんが、人気の高いスクール水着の特徴は、

  • 紺色
  • 旧スク水(または新スク水)
  • ストレッチ素材の生地

が大きな要素を占めているようです。

ぜひ今後の衣装のためのスク水選びにご参考いただければと思います。

もっとたくさんの競泳水着・スク水を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」

作品総数300タイトル、モデル60名超えの一つのウェブサイトとして大ボリュームでお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は水着フェチな皆様からご好評いただいております!一般的なサイトではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着ショットが満載です。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
またモデルもスレンダーからぽっちゃり体型、背の高さに至るまで、様々な身体をお持ちの女性に着せることで水着がどう変化していくのかということにもこだわっております!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事