必ず透ける?白い競泳水着を購入する際に覚えておきたいこと

純白の水着はどのような形状であれ人気の高いものであることは言うまでもありませんが、競泳水着においても純白の、真っ白な競泳水着が存在します。
購入目的は様々かもしれません。わざと透けさせてフェティッシュ感のある撮影に用いたいという人もいれば、純粋に衣装として購入される方もいるでしょう。
それによって「透けたほうがいい」「透けないほうがいい」と利用目的に応じて変わってくるのではないでしょうか。
今回は白い競泳水着(一部、スクール水着もありますが)はすべて透けてしまうのか、ということについて説明いたします。

そもそもなぜ「白」は透けやすいのか

そもそもなぜ「白」は透けやすいのか

▲白い水着は他の色の水着と比べると透けやすい。その理由は光の性質にある。

水着に限らず一般の衣服でも白は透けやすいと言われています。それはなぜでしょうか。
それは光の性質によって引き起こされるからです。
現在私達が存在する空間では、白は光を反射し、黒は光を吸収すると言われています。黒は光の持つすべての色の要素を吸収してしまうので、光がその先を通ることはありません。
しかし白はすべての色の要素を反射してしまいます。実はこのとき反射しきれなかった光がその先まで届いてしまうことで透けて見えてしまう、ということになります。
例えば白いYシャツを着た女性を後ろから見たときに、ブラジャーがうっすら見えてしまったという人は少なくないのではないでしょうか。
これは光がYシャツの部分で反射しきれず、肌やブラジャーに光が届いてしまったために起こる現象です。

同様に白い競泳水着だった場合、水着の表面が光を反射しきれなかったため、肌の部分に光が到達してしまい乳輪などが透けて見えてしまう、というわけです。当然、乳輪の色によって見え方は変わりますが、色が濃いとそれだけ光を吸収しやすくなるので目だって見えてしまう、ということになります。

透けるかそうでないかのポイントは2つ

一般的に言って白という素材は透けやすい色だと言われています。
それは間違いありませんが、結論から言ってしまえば色が白だからといって必ず透ける、というわけではありません。
透ける、透けにくい競泳水着で覚えておきたいポイントは2つあります。

裏地の有無

裏地の有無

▲裏地の有無で透け方は大きく変わる。左は裏地のある白スク水。右は裏地がない白アシ。

水着は白でなくとも透けやすくなっています。
特に競泳水着は非常に薄い生地でできているため、乳輪が透けるようなことはなくとも、乳首が浮いてしまうことがあります。
しかし裏地がついている水着であれば、それがある程度緩和されます。胸部にフック受けがついている水着でフックを付けてしまえば乳輪が透けたり、乳首が浮いてしまうようなことはありません。
しかし競技用で使われる競泳水着の場合は、このフック受けや裏地がついていないため、白い競泳水着だと透ける可能性があります。特に2000年代前半までに作られた水着は水着の素材から見ても透けてしまいます。
また下腹部のクロッチの有無というのもあります。クロッチがついている場合は透ける可能性はかなり低くなりますが、ヤフオクなどオークションで取引された競泳水着を購入した場合、クロッチが取り外されていることがあります。
クロッチが取り外されていると、水に触れた際に性器部分が透けてしまうことがありますので要注意です。

赤外線撮影防止素材

赤外線撮影防止素材

▲近年発売されている競泳水着は、赤外線による透過撮影を防止するビデオプルーフという素材が使われていることが多い。この水着もその例だ。

2000年代後半から作られた競泳水着の多くは赤外線盗撮を防止することを目的にしたビデオプルーフなどに代表される素材で作られた水着が多くあります。
この素材で作られた水着はたとえ白色であっても乳輪部分が透けることのないように作られているためドライな状態はもちろん、水に濡れた状態であってもほとんど乳輪が透ける、ということはありません(ただし水着が肌に吸着しやすくなるためインナーがない場合は乳首が浮いてしまう可能性はあります)
もし水着撮影などで利用される場合は、これと合わせてインナーをつければ透けることはないと言っていいでしょう。

コスチューム系の水着は下地がない

コスチューム系の水着は下地がない

▲左はrealise制の競泳水着。右が白アシ。下腹部を覆う部分には最初からクロッチがついていない。もちろん胸部も同様である。

白い水着で透けやすくなるかそうでないかはこれらのポイントが重要になってきますが、コスチューム系の水着の場合は、裏地やクロッチがついていないことがほとんどです。もちろん赤外線防止用の素材が使われているということもありません。
ということは、スポーツ衣料メーカーから販売されているような水着でない限り、白い水着は特に透けやすいということを覚えておいたほうがいいでしょう。
もし透けることを目的としていないのであれば、必ず対策を施しておく必要があります。

白いスクール水着は透けてしまうの?

白いスクール水着は透けてしまうの?

▲白いスクール水着はコスチューム要素が強いのは間違いないが、学校衣料メーカー製のものもいくつかある。こちらはギャレックス制のスクール水着。水着と同じ素材の裏地がついていることがわかる。

世の中には白いスクール水着、なるものも存在します。
もっともこちらはコスチューム性の強いものであり、少なくとも学校教育の現場で使われたということはないでしょう。
製造しているメーカーもほとんどコスチューム系のメーカーです。しかしごく一部の学校衣料メーカーが製造した白いスクール水着も存在しています。
学校衣料メーカーのスクール水着には、前項で述べたコスチューム系の水着という扱いではないため、たしかに裏地は存在します。
しかしその裏地自体も水着の生地と同様のもので作られているためか、あまり裏地の機能を果たしていないようで濡れなくとも透けやすい感じとなっています。

ギャレックス製G7161162を着用した場合の胸部

▲実際に着用したイメージはこちら。光源や光の反射の仕方など環境下によっては透けて見えないこともある。

ただしおおっぴらに透けてしまうというわけではなく、光源や環境によって見え方が左右されます。
まったく見えない場合もあれば、透けて見えることも。もちろん着用者によって変わってくることもあるでしょう。

ギャレックス製G7161162水着画像一覧

透けない白水着を選択するのであれば近年発売されている競泳水着を

透けない白水着を選択するのであれば近年発売されている競泳水着を

▲白アシなどと同様、純白の競泳水着、speedo SD42A02N0。こちらは透けない素材でできているため、乳輪が見えてしまう、ということはなかった。

もしあなたが撮影会などのモデルで白い競泳水着を着用したいとお考えであれば、ここ数年で発売されているようなものを選択することをおすすめします。
先述の通りビデオプルーフなどの透過撮影防止機能がついていることももちろんですが、意外と生地が厚手(とはいえ競泳水着の中でも、という意味です)でできており、よほどのことがない限り透けて見えてしまうようなことはなさそうです。
無論、競技用のものであればインナーを水着につけることはできませんが、ご自身でインナーを着用するようにすれば透けて見えてしまうことはないでしょう。

とはいえ近年においては白い競泳水着は珍しいかもしれないので、そちらを探すほうが大変かもしれません。

透けることを目的にしているのであれば

透けることを目的にしているのであれば

▲白アシ着用時の場合。光で飛ばし気味にしているが、それでもち乳首の浮きなど透けて見える。こういったことを目的にしているのであれば、下地はないほうがいい。

逆に透けることも目的として白い競泳水着を選択されるのであれば、先述の通り、裏地がないものを選ぶのがベターです。
2000年代前半に発売された競泳水着は赤外線防止用の素材が使われていないことがほとんどなので、いいお値段がしますが白アシに代表されるような水着を選ぶことが一番、望む結果を生みやすいでしょう。
練習用の競泳水着などで白い競泳水着も存在はしていますが、実際に女性に着用してもらうと、意外と透けにくいと思ったりするかもしれません。ここはできる限り競技用で用いられるような水着を選択することは肝要です。
もちろんコスチューム系の競泳水着であれば、そうした心配はないため、競泳水着のブランドにこだわりがなければ、そちらを選択される方が確実と考えます。

同じ白でも透け方が変わる

白い水着が透けやすいメカニズムはわかりましたが、白と言っても様々な色があります。
純白と言われるものから、オフホワイト、ベージュに近い白、グレーに近い白、アイボリーなど実は多岐にわたります。
自然界にあるもので純白のものは殆どないかもしれませんが、水着は人工物であるため純白に近い白のものもあるでしょう。
その中でも少しクリームが混じったオフホワイト系が一番透けやすいのではないかと思われます。

白い競泳水着での透け方比較

▲左は純白に近い白アシ。右はオフホワイト系の白アシ。環境は違うが着用モデルは同じである。

こちらの写真をご覧いただけるとわかりやすいかもしれません。
もちろん撮影環境が違うため光源などのことを考えると一概に正しいとは言えないかもしれませんが、実は両方とも白アシと呼ばれる競泳水着を着用した写真を比較してみました。
左は純白に近い白。右はオフホワイト系の色です。同じ白アシでも開発時期が違っていたためか、縫製にも少し差があるように見えましたが、こうして同じ白でも透け方が変わってくるのは興味深い点かもしれません。

白い競泳水着は必ず透けるというわけではない

特にスポーツ衣料メーカーの競泳水着は様々な技術が用いられて作られていますので、その中に透けにくくするための技術も取り入れられて作られています。
色が白い競泳水着だからといって必ず透ける、というわけではないことを覚えておきつつ、目的に応じた水着を選択することを覚えておいたほうがいいでしょう。
特にモデルさんにとっては色が白、というのは気になるポイントになると思います。
ご自身でしっかりとインナーを用意すれば透けることは防げますので、透けにくい水着があるということも覚えておきつつ、準備はしっかりとしておいたほうがいいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事