【画像付き解説】エロ水着は通常のものとどこが違うの?簡単に解説
広告
sukumizu.tvの水着加工/ロフォームサービス
この記事のフェチ度指数と方向性
3.5

  • 中級者
  • いわゆるエロ水着についてどういったものがあるか知りたい方
  • 様々な水着の形状について考察を深めたい方

先日、競泳水着やスクール水着についてほとんど知見のない、フェティッシュも感じない方(以下、Aさん)と話をしていた際に「そう言えばエロ水着の撮影やってたよね」という話になりました。
筆者としては普段撮影している身として「エロ水着」の認識がなかったので、それを強く否定し、一般的な競泳水着やそれを模したコスチュームについて説明しました。
それを聞いてその方は「なんとなく言っていることは理解できたけど、エロ水着だとずっと思ってたし、そういう世界もなるものなんだね」と認識を改めておりました。
ですが、よくよく考えてみたら、私たちのようなフェティッシュに根ざした者にとっては、何かと区分分けしたがるものの、言われてみれば「エロ水着ってなんだっけ」という疑問が浮かびました。
今回はその話を元に「エロ水着」の定義について考えてみたいと思います。

簡単な結論としては露出の激しい水着等のコスチュームのことを指す

先述の方の話と少し議論をした結果「エロ水着」と呼ばれる水着の定義は、一般的な場面(この場合、公共のプールなどで見かけると言っていいでしょう)において、決して見ることのないような露出の激しいもの、ということになりました。
露出が激しいと言っても一般的なビキニタイプの水着はエロ水着には当てはまりません。
どういったものがあるのか以下に例を示します。

エロ水着に分類されそうなもの

乳輪や乳首、あるいは性器が露わになるタイプの水着
上乳や下乳をわざと強調するタイプの水着
鼠径部が露わになりやすい水着
そもそも水着として機能しないようなタイプの生地面積しかない水着

こういったものがエロ水着に該当するのではないか、と定義付けしました。
それぞれどういったものがあるのか、タイプ別に挙げて説明いたします。

シースルータイプの水着

シースルーの競泳水着タイプコスチューム
▲こちらは形状としては競泳水着タイプのコスチュームでシースルータイプのもの。

ほぼ全面がシースルータイプの水着は、そもそも水着としての機能を果たしておらず、本来隠すべき部分が全く隠せていないものはエロ水着と呼ばれるジャンルに相当してもおかしくありません。
生地の質感に感じることのできるフェティッシュさについて説明を行ったのですが、Aさんが言うには「それにしてもやはり本来見えてはいけない部分が見えてしまっているのだから、性的に強調しすぎているのは否めない」ということでシースルータイプの水着はエロ水着だという結論を得ました。

超ハイレグタイプの水着

超ハイレグタイプのレオタード
▲いわゆる超ハイレグタイプのレオタードコスチューム。股ぐりがかなりハイカットで鼠径部が露わになりやすくなる。

超ハイレグタイプの水着は一般的な水着ではほとんど見ることがありません。
Aさんに一般的なハイカットの競泳水着画像を見せたところ「これはこれでエロさは感じるけど、スポーツの場面でも使われているのだからエロ水着ではない」という意見をいただきました。
ただこれ以上のハイカット、いわゆる超ハイレグともなれば鼠径部が露わとなり「あなたの言うフェティッシュは理解できるけど、エロと言われてもおかしくないのではないか」ということでした。
ただこれにストッキングやタイツなどを併せたときにはフェティッシュさが際立つね、とも。
着こなしやアイテムによっては左右される部分のようにも感じます。

胸の谷間がわかってしまうようなタイプの水着

胸の谷間がわかるフロントジッパータイプのレオタード系コスチューム
▲フロントジッパータイプのコスチューム水着。これを公共のプールで着用する人はほとんどいないだろう。

単純に着こなしだけの問題ということもありますが、例えばフロントジッパーのような胸の谷間をわざと強調するようなタイプの水着はエロ水着ではないか、というのがAさんの弁でした。
確かにこのようなタイプの水着は国内の公共の場面では目にすることがないため、文化的な背景から考えれば少なくとも日本国内においてはエロ水着と言われても、仕方のない部分はあるのかもしれません。
改めてAさんにフロントジッパーの水着画像を見せたところ「きっとこういう水着も世の中にはたくさんあるかもしれないけど、エロさは感じるね」ということでした。
このあたりは人によって感じ方が変わるため、いい加減な言い方になってしまいますが、エロ水着と感じてしまう見方もできる、という点ではエロ水着にカテゴライズされてもおかしくないでしょう。

生地面積が極端にないタイプの水着

生地面積がほとんどないタイプの水着
▲いわゆるエロ水着としてわかりやすいと思われるタイプの一例。布地がほとんどなく露出が激しい。

いわゆるナイトウェア系コスチュームにみられるタイプかもしれませんが、極端に記事面積のないタイプのものは、エロ水着だ、ということで意見が一致しました。
実際にモデルに着用させた際も、胸はもちろんのこと、性器部分においても陰毛がほぼはみ出していたり、女性器が完全に隠れていないようなものは、そもそもパートナーを性的に挑発することを目的としており、もはや一般的な水着とも言えず、生地から得られるフェティッシュさもあまり感じることはありません。
むしろエロさが際立った水着、という印象を持ちます。

エロ水着と言っても様々なタイプが存在する

エロ水着画像の一覧
▲一口にエロ水着と言っても、ジャンルに当てはめれば様々な形状がある。

sukumizu.tvでは様々なタイプの競泳水着、スクール水着、ぴったり系フェティッシュコスチュームを中心にコンテンツ配信を行っております。
弊サイトではあまり直接的に紹介することはありませんが、先述に挙げた事例のような水着も撮影しないこともありません。
その上でエロ水着という言葉は少し新鮮にも感じました。

普段から水着画像やこちら側のフェティッシュな世界に縁のない方にとっては、着用している本人がそのつもりはなくとも「エロ水着」と呼ばれてしまうのは、知らない世界だからエロと一括りにしてしまう傾向にあるように思います。
これは知っているものからすれば、不本意に思う人もいるかも知れませんが、知らない世界にあるものは誰でもざっくり見てしまうものです。
そのあたりの感情は理解しつつ、弊サイトとしてはさらにフェティッシュな世界を紹介していくため、引き続き活動していければと感じた次第です。

もっと競泳水着・スク水姿の女の子を見たくありませんか?
sukumizu.tv写真集CTA画像

「たくさんの女の子に、たくさんの水着を」
作品総数1000タイトル以上、モデル約140名(2024年4月現在)でお届けしているsukumizu.tvの競泳水着・スクール水着写真集は世界中の方からご好評いただいております!一般的なメディアではお目にかかることが難しいモデルやアイドル、セクシー女優の競泳水着、スクール水着、ぴったりフェティッシュな衣装のショットが満載。
着用してもらう水着自体にこだわり、人気の水着はもちろん、なかなかお目にかかることのできないレアな水着、フェチ性の高い水着など厳選して撮影に臨んでおります!
フェチの方はぜひご覧くださいませ・・・!

フェティッシュ情報満載!Twitterフォローをお願いします!

水着画像から最新の写真集情報、フェチコラムまで

Twitterでsukumizu.tvをフォローしてください!